読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

「電信柱の陰から見てるタイプの企画術・福里真一・感想」

 

電信柱の陰から見てるタイプの企画術を読みました。

電信柱の陰から見てるタイプの企画術 (宣伝会議)

電信柱の陰から見てるタイプの企画術 (宣伝会議)

 

BOSSの宇宙人CM、こども店長 などのCMを作った人の本です。

 

感想

僕は福里さんがなにものなのか知らずに、タイトルだけで惹かれて読み進めたのですが、CMプランとか企画術とか興味がなくても面白いと思います。

 

CMプランナーとしての自身の人生を振り返りながら、「自分はこういうふうに物事を考えていたよ」という話なので、非常に普遍的なテーマ性をもった本かと。

 

想像どおりではあるが、まったくもって堅苦しさのない文体もよかった。基本ベースが「卑屈」でできている文体は、時々うっとうしいな……と思わなくはなかったが、まあ許容範囲だろうか。

 

これの本は連載していたものを本にした、という形式なのだが、CMプランナーだからか、テキトーに書いているようにみえてとても巧妙に構成してある。

非常に無駄が多いような筆致に見えるが、その実、ちゃんと意味のあることだったというのが後半にわかる。

本書からわかる福里さんの「らしさ」がこういうところにも現れている。

 

 

 

ざっくりまとめてしまうと

自分が考えるに「企画とは記憶」なんですよ……と。

自分のような電信柱の陰からみているようなタイプの人間は、そういう生き方……つまり「物事の渦中にいるのではなく、それを観察することに時間を費やした」のだから、そういう生き方なりの自分の活かし方があるぞ……と。

そういったものを自分なりに見つけると、思いがけず人よりも良い結果を生むことがあるかもね……と。

で、得意なことを見つけたら苦手なことは他人に任せちゃってもいいかもね。

ついでに言うと、自分らしさを捨てて、特別な人になろうとせず、才能がないことを認めると楽だぞ……と。

それが最終的に人にはなかった発想、もしくは非常に普遍的な感動を呼び起こすことができるかもね。

 

という感じですか……ね?。

ほぼ後半の対談をまとめただけなんですけど。

 

上述されたものだけみると、自己啓発的な匂いがしてしまうのですが、この本はなんらそういうこともなく普通に読み物として楽しめてしまった。オススメ。

 

 

 福里本2

CMプランナー福里真一が書きました 困っている人のためのアイデアとプレゼンの本
 

 これめっちゃ読みたい……。電子書籍で出してくれ……。

 

広告を非表示にする