読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

最近huluで観た映画の感想をまとめていく(2)

 

11月に観た映画まとめ。11本。

前回のはこちら。

ほんとうはもう少し観たかったのだけれど、仮面ライダー龍騎を観すぎてあんまり数は観られなかった。

いやー仮面ライダーすごく面白いですね。実は一度も観たことがなかったのですが、ものっすごいハマり倒している。

幼い頃の気持ちを揺り動かされるかと思いきや、思っているよりもダークソリッドな設定でわくわくしちゃいますね。これ子供のころ観ても面白さがわからなかっただろうなーと思いながら観てます。めっちゃおもろい。

 

ってことで、11月に観た映画の感想。

 

 スキマスキ

スキマスキ [DVD]

スキマスキ [DVD]

 

隙間を覗くことを趣味としている男と、盗撮することが趣味の女がどうのこうのする物語だけど、とってもクソなので観なくて大丈夫です。

ラストがくだらなすぎて膝から崩れ落ちた。

 

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 [DVD]

冷たい熱帯魚 [DVD]

 

 超傑作だと思います。なんの前情報もなしに観てほしい。あらすじすら書きたくない。

心の底からオススメできます。観終わったあとに震えがくる作品は本当に久しぶりだ。

ただもう観たくない。

 

感想はこちら。

 

 メン・イン・ブラック

言わずと知れた名作だけど観たことなかった。序盤はすげー面白かったのだけれど、後半のスケール感の小ささが微妙だったかなー。

そこにも良さはあるのだけれど、地球をかけた戦いのはずなのにちょっとしょぼいよ。MIBがもう少し機関として活躍して欲しかったかなー。後半ってなにしてたのかわからなかったよ。

ぶっちゃけ半分くらい寝ながら観たからそのあたり曖昧なんだ。でも面白かったよ。

 

キツツキと雨

キツツキと雨 通常版 [DVD]

キツツキと雨 通常版 [DVD]

 

木こりのおっさんと自信のない若年映画監督がなんやかんやして、映画を作り上げていく作品。

悪くはないけれど、あんまり好きでもない。ご都合主義の匂いがしすぎてあんまり好きになれない。主題への踏み込みの甘さを感じてしまったかなあ……ちょっとテーマが散漫としてしまっているかな? と思いました。

でもちょっとした画面描写の緻密さは相変わらず素敵。でもところどころダルい! テンポ悪い! 情緒的だと思えるところと、ただただダルいところがありました。

序盤は非常に丁寧ではあるのですが、さすがにのんびりしすぎだと思う。黙々と林切ってるシーンはとても好きなんだけれど。

 

僕は同じ沖田修一監督作品なら「南極料理人」のほうが好き。

もっと言うと、この作品よりも主題歌である星野源のフィルムのPVのほうが好きかな。

 

 イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

 

非常に裕福な家庭に生まれ、とても優秀な成績で大学を卒業した青年。その青年はある日、誰にも告げることなく姿をくらまし「真実を探す」為にアラスカに向かう。

 

っていう映画なんですけれども、これがまぁ非常に良かったですね。

モラトリアム全開! って感じのときに観たのもいいように作用したのかもしれない。

「自分の価値観とは?」とか「生きる意味とは?」とか考えている人が観るとなるほどなーと思えるかもしれない。

最後の圧倒的な喪失感がよい。

 

詳しい感想はこちら。

 

 イエローストーン

BBC EARTH イエローストーン DVD-BOX [episode1-3] 2枚組

BBC EARTH イエローストーン DVD-BOX [episode1-3] 2枚組

 

映画ではなくドキュメンタリー映画。イントゥ・ザ・ワイルドを観たあとなので、自然界の圧倒的な光景をぼんやり眺めたかった。

自然界の厳しさもさることながら、画面に映しだされる光景の尊厳さがすげー。エピソードごとに季節が変わるのだけれど、それぞれ景色にグッとくるのよね。まったく知らない土地なのに、なぜか観ているの郷愁に駆られた。

あんまり旅行って興味がないのだけれど、いちどは訪れてみたい土地だよ。

途方も無い気分になるような土地に憧れがあるなあ。ウユニ塩原とか行ってみたいよ。

無職のうちに鳥取砂丘に行かなきゃなーとも思っている。

 

SUPER!

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

ツイッターでオススメしてもらった映画です。

妻をドラッグディーラーに奪われた男が、妻を取り戻す為に架空のヒーロー「クリムゾンボルト」に変身し、悪事を働くやつらを成敗していく話……。

 

これは凄い!とても巧い映画でした!

虚実の織り交ぜ方が的確。バランス感覚が素晴らしい。倫理と盲信と感情論!

暴力描写の虚実表現がすごく上手い。ある契機を境にコメディからゴアに変わるのですが……もう制作サイドはどこまで想定しながら作ったのだろう? と思う出来でした。心理操られっぱなし! それがまた気持ちいいし、映画の主題に繋がっている美しさも素晴らしい!

久しぶりにワンシーン毎に「これってこういう意図が込められていると思うんだけど……」と語りたくなる映画です。

 

 天使のくれた時間

天使のくれた時間 [DVD]

天使のくれた時間 [DVD]

 

 これもオススメしてもらった映画。

 

とにかくセリフ回しがめちゃくちゃ小気味よくて気持ちがいい。観ているだけで凄くニヤニヤしてしまった。

幸福に関する価値観の二項対立を偏って描かないあたりがいいですね。

こういうテーマの作品って「ほーらこっちのほうが素晴らしいだろう?」という押し付けがましさを感じると萎えてしまうのですが、最終的に気の利いた落とし所になっていると思います。

「やっぱり愛こそ全てだわ!!」とケイトが盲信してしまうようだったら、なんかもう興ざめ以外のなにものでもないのですが、「じゃあ少しだけコーヒーを飲もうかしら」という……この感じね! 気が利いているよね!! 好きです。

 

チョコレート・ドーナッツ

1979年を舞台に、ダウン症の子供をゲイカップルが育てようとするが、それを世界が許さない……という話。

 

2回観ました。吹き替えと字幕の両方。

主題への踏み込みの甘さが、この作品の時代性を象徴しているのかも。

こういう映画にありがちな多弁さを歌に委ねたのは上手いですね。

個人的にはあと30分のばして、みっちり描いてくれるともっと好きになるかも。微妙に納得しがたい点もあったので、そこを丁寧に描いてほしかったかな……。全体的に急ぎ足で描写不足を感じました。

 

 アダムスファミリー

 これもオススメしてもらった。

 

昔観たことあったけれど、そのときは途中で寝てしまい……今回も途中で寝た。

基本的にいろいろヌルいのと、テンポが悪いことが原因かなあ……。面白いなーと思うところもあるのだけれど、その面白いところがなかなか訪れないのがちょっと辛かった。

 

 ウェインズ・ワールド

ウェインズ・ワールド [DVD]

ウェインズ・ワールド [DVD]

 

とってもつまらなかったけど、ジミヘンのFireとQUEENボヘミアン・ラプソディがとてもよかった。けど、とってもつまらなかった。

パロかな? と思うようなシーンが多かったので、これは外国映画をたくさん観ている人ならすごく楽しめたと思う……。

広告を非表示にする