読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

ちょろイン作品「恋染紅葉・坂本次郎・ミウラタダヒロ・感想」

 

 恋染紅葉を読みました……。

 少し前にジャンプで連載されていた作品。ジャンプ作品を読むのはヒロアカ以来。

 

 

感想

主人公の人生がスーパーイージーモードすぎる。

小一時間出歩けば、可愛い異性と出会えてしまうんじゃねえの? と思うくらいには人生がちょろそうだ。

こういうラブコメって読者が幸せを願えるようなキャラクターや、ストーリー展開も重要だと思うのですが、この主人公は我々がなにを思うでもなく息を吸って吐けば周りに女の子が群がりそうだ。

リトくん並の女子惚れさせ能力があるけど、リトくんほどの「幸せになってほしい」と願わせるパワーはない。やる気だけが持ち味の(まあそれは高校生でいえばリアルっちゃリアルなんだけど)あまり魅力的ではない主人公でした。

赤面症が特徴ってさすがに弱すぎる気が……。

 

 

この漫画、女の子が主人公に惚れる理由でぎりぎり納得できるのが小鳥ちゃんだけっていうのがまたキツかったなあ。その小鳥ちゃんもテンプレにテンプレを重ねたみたいな流れだったけれど……それでもまあ惚れるのに納得ができる。

しかしダブルメインのヒロインがちょろインすぎる。これが問題だったかなあ。

個人的にちょろインって嫌いじゃなくて、女の子がにこにこしてくれるならまあ別に細かいことは気にしなくてもいいかなーという主義ではあるのですが、この恋染紅葉って恋愛が主軸なのでそこをちょろくされると全体的に安っぽい作品にみえてしまう。

ふたりのダブルメインが主人公に惚れる理由は理解ができても納得はできない……その納得を早めに描けなかったのが敗因のひとつではないでしょうか。

彼女たちが主人公を想うに至る壮大な物語があったのかもしれませんが、それならば小鳥を優先するのではなくそちらを優先して描いてほしかった。

 

結果としてものすごくペラいヒロインが、ものすごくペラい主人公を想う作品として成立してしまい、ストーリーを長めに描いた小鳥ちゃんは勝手に幸せになっていく……という悲しい結末になってしまった。

後半、完全に空気と化していたヒロインズが立て続けに告白していく様をみて、思わず「情緒がねえよ」と呟いてしまった。

なにより一番可愛いのが脇役の女の子ってのが……猫目の子ね。

 

 

ネタバレするけれど、ヒロインが第一話以前に主人公好きになっていたって、恋愛漫画としては超絶悪手だろうよ……。このラストがいちばんないなー。これやられるとすっげー萎えるよ……。昔とある作品でもやられて本気で萎えた。築いてきた時間が台無しになってる感じがするんだよね。

雑誌連載で打ち切りが決まってるから、いちばん無難な展開にせざるをえなかったのだけれど、これならいっそ「どっちも決められないから、とりあえず3Pしてから決めてもいい!?」とか言われたほうが記憶には残ったと思うなー。

「3P結末のひと」って言われたら、反射的に作品も思い出せるからいっそ得だと思うんだけどな……極論だが。

でも「パコさん」っていわれると読んだこともない「パジャマな彼女。」を思い出すから作品の代名詞と化してしまうなにかは大事だと思うんだけどな。

パコさん見たさに「パジャマな彼女」は読んでみたいもん。

 

 

まとめ

悪い点を挙げて上述してみたものの個人的な意見としては「しかしそれほど悪くない」という感じ。

打ち切り作品だったので、どんなヒドイ作品なのかなーと考えていたけれど、作画も非常に綺麗だし、話もこれといった破綻もない。これよりひどい作品なんていくらでもある。

原作の方がちゃんと世相を省みながら作品を作ろうとしているのもうかがえた。「コレはいいな!」と思えるような展開もあった。結構楽しみながらさくさくと4冊読みきってしまった。

しかし「悪いわけではない」だけで、良いかと言われるとまあ……全体的に良くない。

例えるなら流動食に近いのかもしれない。

どこかで食べたことのある、非常に平坦な味で喰ったあとなにも残らない……みたいな。そんな印象をうけた。全体的にテンプレじみたものだったのも印象を強めていると思う。

「他のやつはどうかはしらねえけど、おれはこれがめちゃくちゃうめえと思うんだよ!!!」という作品が僕は好きだし、そういうものを是非読んでみたい。

……なんで食い物に例えたんだろう。

 

このお二人は地力がある方だとは思うので、是非とも次回作に期待したいです。

特にミウラタダヒロさんの絵は艶っぽくてすっげーいいので、青年誌での活躍も期待したいところです。

 

 

ちょろイン漫画

源君物語 8 (ヤングジャンプコミックス)

源君物語 8 (ヤングジャンプコミックス)

 

これは「良いちょろイン」作品だと思う。

ちょろインをガンガン落としてセックスした挙句それを維持して13股するぜ! という非常に崇高な作品

 

広告を非表示にする