読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

【蓋を開けたら】真かまいたちの夜をクリアしたので感想書くよ【ざしきわらしの夜だった】

ゲーム

 

真かまいたちの夜をクリアしました……。

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) (特典なし)

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) (特典なし)

 

 

 

全体評価

酷評やむなし……という感じです。

しかしかまいたちの夜シリーズを銘打っての発売でなければここまで酷評されることもなかったと思います。全体的に頑張っていたという印象はありました。かまいたちっぽさを出すぞ! という気概は感じられた。

……が、しかし!

やはり総評としては立ち返るべき原点を見誤ってしまった……という話に落ち着くのではないでしょうか。

多くは語らずとも、これに尽きると思います。当時の我々がかまいたちの夜のなにを面白がっていたのか……を見誤ってしまったばかりに、こういった結果が生まれてしまったのではないかなと。

ハードが進化しているのに、全体的にチープな印象は拭えずこれまた残念な結果になってしまったように感じました。

 

声優の起用に関しても僕は完全否定派です。忌火起草でもそうでしたが、音声が入ることで緊張感が削がれますね。いまの時代は有名声優をつかい音声を入れなければ! という意識を振り払って強気に作ってほしいと思いました。

 

 

では話ごとの感想。ネタバレしてます。

プレイした順番に書いてます。

 

 

ミステリー編

一番ネックなのは、プレイしていても怖くないという点ですかね。(これは黒田さんご本人も言及されたみたい)

かまいたちの夜シリーズにあった特有の「気色悪さ」がない。

誰もが敵に思えるようなあの「疑心暗鬼」の雰囲気。意中の真理ちゃんですらもはや信用すべき存在ではないというあの空気感がなかったのが問題だと思います。

雰囲気があんまり切迫してないんですよね。プレイしてて「なんかお前ら余裕あるな?」と思うくらいでした。前作までの雰囲気に比べると「人が殺されているのになんか余裕あるんだよなあ……」と思わずにはいられなかった。

かまいたちメインシナリオの終盤に訪れる「もうどっちの選択肢も選びたくねーよ!」って感じがまったく感じられなかった。

 

いま思うと2とかは最初の段階で死ぬほど怖かったなあ。雰囲気造りが上手すぎた。あれも無理矢理なシナリオだったけれど、それでも怖さという点では他のシリーズをぶっちぎりで追い抜いていた。

グロホラーやガチ電波シナリオなども相まって2は本当に怖さの幅が広かったなあ。

 

シナリオの中身がとてもご都合主義になっているのも問題かと。

個人的にはミステリーは一瞬でも納得できればOK派なのですが、そんな僕でも「ええ?」と思うようなトリックでした。

あの人があの行動とらなければ即バレするじゃねーか! という物語における他人の行動はかまいたちの夜3の群像劇としてミステリーを描くという手法で解決してましたが、真かまいたちの夜の形式だと残念ながらご都合主義にしか見えないですね。これはさすがに残念。

 

ダメなところはアマゾンレビューでたくさんの方は書いているので、もうこれくらいにしておきます。死体蹴りよくない……けど、蹴りたくなる時もある。

そこに愛があるからこそ、背中を蹴りたくなるときもあるんですよ。

言わせてくれ! みたいな。俺がどれほど愛しているのか! みたいな……まあ制作からしたらいい迷惑なんだろうけど。

 

 

ビンゴ編

あの……最初の選択肢で「窓の外をみた」っていうのがあるじゃん。

窓に自分の顔が映るじゃないですか。この時点でもうダメダメですよ……。推敲してないことを疑うレベルです。

車の中で一度くらいはバックミラーの中の自分と目が合うだろうし、ペンション内で鏡を一度も見ない想定のシナリオって超不自然ですよ。

それならかまいたちの夜よろしく、スーパー電波的な解釈で舞台を鏡も窓も一切ない独房みたいなところにしちゃったほうがいっそ納得できた。

かまいたちの夜には「それをやっちゃっても大丈夫感」があると思うんですよね。ムダに懐が深い。

すっごい残念でした。いちばんがっかりしたシナリオです。

 

 

スパイ編

ゲームブックみたいな印象があって、個人的には楽しめました。面白いかと言われると首を捻ってしまうのだけれど、チープな感じは好みでした。

ただEDリストの数をこのシナリオで稼ぎすぎだろ!!!

サウンドノベルの面白いところって、いかに面白いバッドエンドを描くか! というところがあると思うんですけれど、五分の一が銃殺エンドなんて凄くガッカリしちゃいましたよ。

まさかそんなバッドエンドがあるとは!? って驚かせてくれるのを期待してプレイしている面もあるのに……。

かまいたち2の塔の延々と続く階段を降りていったら、最終的には百を越える赤子の魂が見つめてくる……というエンディングを見習ってください。2なんて100個以上エンディングあるのに。

言葉で上手く説明できないくらい荒唐無稽でいいんですよ。

こっちは笑いたいんだ! ビビりたいんだ! エンディングで手を抜かないでくれ!!と思ってしまいました。

 

 

混浴編

恒例のピンクシナリオ。最高でした。バカバカしいですね。

こういう声優の使い方は是非推奨したいです。杉田さんがムダに頑張ってます。

でもあんまりエロくなかったですね。ってことはシナリオとしては失敗なのか?

 

で、これ僕がやったときは無料だったのですが、発売当時は有料だったみたいですね。しかも400円。

それはバカにしてるよなー、と思います。

 

 

妖怪編

こういう芸風は嫌いじゃないです。ぼっこちゃんが巨大化する流れは結構好きです。

さとみちゃんがいなければ凄く好きだったのですが、彼女の語り口が非常に嫌でした。我ながらなんで嫌なのかは言語化しづらいのですが、とても嫌でした。

おもいっきりふざけてやるぞーという気概は感じましたが、いまいち乗り切れなかったのも事実です。

 

 

死神編

いちばん「らしい」作品ではないでしょうか。選択肢で物語が変容していく感じをいちばんよく表現できていたのではないでしょうか。シリアスの中に潜むハッタリもけっこう好みでした。ビールの伏線がわかりやすぎるのがちょっと問題ですが……。

物語全体がメタ的な構造をしているのも好み……って書くと良い悪いっていうよりは好みなだけかもしれない。

ただ全体的に上手いんですけど、整いすぎているっていう点がちょっと残念だった。もっと気色悪くやってくれていいのに! って思いながら読んでました。

 

個人的には池谷が言葉を遮ることにももう少し意味をもたせられたら最高でした。ギャグかと思いきや実は事件の根幹に関係しているのは、かまいたちのお約束ですし。

 

 

 

うーん、次作に期待したいです。

 

 

……そもそも出るのかな

広告を非表示にする