読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

無職NIKKI「ワールドマンガライブ2015に行ったよ」

日記

 

段々起きるのが早くなっているのが、なんだか不思議な気分。職についていたときはあれだけ早起きが苦手だったのに、いまとなっては目覚ましが鳴る前に自然と目が覚める。

いくらでも寝ていられる状況だからこそ、たくさん寝ないという僕の天邪鬼さがよく現れたエピソードですね。

 

今日はワールドマンガライブ2015というイベントに参加する為に、秋葉原まで行ってきました。

ハヤテのごとく!畑健二郎先生のトークライブが目的だったのだけれど、普通に遅刻した。社会人として致命的なレベルの方向音痴な僕が定刻通りに目的地に辿り着けるわけがなかった。これはもう僕の見積もりの甘さが招いた原因である。

 

 で、久米田先生のアシスタントだったMAEDAXさんの背景講座をぼんやり聴いていたけれど、ちょっと環境が悪すぎて15分くらいで退散した。

前田さんの解説を聴きながら、手元を大きめのスクリーンに映しているのだけれど、そのスクリーンが見辛すぎた。鉛筆線が薄いのも原因だったのだろうが、なにやってるのかイマイチよくわからないというのがずっと続く感じだった。

会場のテンションも低かったので、これはちょっと想定していたのと違ったな。

割と興味がある項目が多かっただけに、ちょっと残念だった。

畑健二郎先生のトークライブが聴けなかったのが特に残念だった。

 

それにしても前田さん、いまこんなことやってるんですね。

語り口は非常に丁寧だったので、きっと評判も良いのだろうと思います。

 

いちばんの目的はクリップスタジオのデビュー版が無料でもらえるから出向いただけなので、特に未練もなくそそくさと会場を後にした。

 

あとなんかMONSTERを無料配布していたので2缶ほどもらってきた。これでまあ交通費分は得できたと言えるだろう。

 

 

それにしても秋葉原はいつ来ても驚かされる。

日本の中でもっとも日本らしい街だと思ってしまうな。

f:id:sichisichi49:20151104000220j:plain

目がちかちかする。

外国人観光客が多いのも頷ける。街全体がテーマパークみたいになっているわけで、楽しくないわけがないという感じだ。日本人だって楽しいのに。

僕だったらこの街を舞台にGTA作りたいと思ってしまう。絶対楽しいよな。ビルに向かってロケットランチャー撃ちたいぜ。

日本を舞台にしたGTAはいつになったら作られるのだろうか。定価で買うレベルなのだけれど、倫理問題がうるさいから無理か。

 

秋葉原は行った回数は少ないのに、異常に記憶に残りやすい街ですね。

 

 

閑話休題

家に帰ってからは読書。

ねむり

ねむり

 

 これを読んでいた。

「眠れなくなって十七日目になる」という鋭さ抜群の書き出しだったので、期待して読んでいたのだけれど良くも悪くもいつもの村上さんだった。でも序盤は凄くよかった。

思うところがないわけではないけれど、感想記事を書くほどでもないかな……という作品。各個人の思う所に任せます、という姿勢を作品にも感じる。

人間は思考においても、肉体の行動においても、一定の個人的傾向から逃れることはできない。一度作り上げられた傾向はよほどのことがないかぎり変更することはできない。その傾向によって使用された筋肉や脳味噌を休憩させる作業が睡眠である。睡眠をとらないということはその傾向に偏りができてしまう(要約)……ということが書かれていたのだが、これは凄く面白いと思った。

睡眠不足のときに脳が自動で動くなーと錯覚することがあるが、あれは錯覚でもなんでもなく要は個人的な傾向がつくりだしたルートを辿っているだけであったということか。

つまり睡眠をしないということは人間としての「個」を失うことと同義であると言えなくもない……ということであり……

 

みたいなことを考える作品です。なんだかんだで楽しんで読んでいたと思います。

 

 

夜は絵を描いて、ちょっとした作業をして寝ましたとさ。

ちょっと今日はガチの無職っぽくて辛いな。早めに脱出しないとね。

あと電気ケトルが壊れて真面目に悲しい。

 

 

広告を非表示にする