読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

無職NIKKI「普通の日々」

日記

 

11月1日、つまり昨日から無職になったわけですが、習慣で早起きしてしまった。おもいっきり寝過ごしてやろうと画策していたのだけれど、まあいいか。

 

朝食には昨晩2匹120円で買った鯖を味噌煮で食べてみた。なんとなく鯖の味噌煮にって難しい料理のような印象をもっていたのだけれど、実際のところ煮るだけなのだからなにも難しいことはなかった。

こうやって思い込みだけで勘違いしていることはたくさんあるのだろう。具体的になにかは思いつかないけれど、きっとあるはずだ。たぶんあるはず。

 

朝食を食べ終わると図書館へ。朝9時だっていうのに、既に人が多かった……と思うと同時に今日が日曜日だったことを思い出す。無職になると曜日感覚がなくなると聞いたがまさかこんなにも早く喪失するとは思わなかった。

午前中の図書館には学生の姿はほとんどなく、おおよそ60歳を越えているであろう方々がたくさんいた。年を取ると家でじっとしているのが辛くなって、人の気配がたくさんするところにいたくなる……という話を聞いたことがあるけれど、これもまたそういう類のものなんだろうか。

元職場のベローチェでなにもせずにじっと座っているおじいさんのことを思い出した。

 

図書館内で4時間ほど読書して、本を数冊借りて退却。家に帰ってからもずっと読書。

 目についたので借りてみたこの本が予想外に面白くてもう読み終わりそうだ。

適当日記

適当日記

 

 このセンスが人気が出ないわけがないなあと唸った。べらぼうに頭がいい。

適当日記とついているが、高田純次さんはとっても真面目な方だと思うな……。

あとおそらく構成さんの仕事だと思うが、フォントの変え方や太字にするべき箇所のチョイスがセンス良すぎてびっくりした。

 

 

あと掟上今日子の備忘録も読み終わった。

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

 

 最近の西尾先生の作品の中ではかなり好きなほうだと思う。ドラマ化もしやすい気がする。ミステリーだけれど全体的に雰囲気が和やかだ。

西尾先生のミステリー……と聞くとちょっと警戒しそうになるが、掟上さんが可愛いというだけでも随分と読む価値が膨れ上がる作品だ。難民探偵とはなんだったのだ。

「残す」ことをテーマにした物語というのも好みなのだろう。たぶん別で感想書きます。

 

読書しつづけたせいか頭が疲れたので、久しぶりに絵を書いてみたが凄く下手になっていて驚いた。絵なんて下手になるわけないと思っていたけれど、下手になるんだな……。ちょっと気合を入れて練習しよう。

 

 

RHYMESTER歌丸タマフルを聴いていた。歌丸さんの映画批評はめちゃくちゃ的確すぎて他の映画評論家は大丈夫なのだろうか……と心配してしまう。

「声にだしたいBOYS BE特集」を久しぶりに聞いて、やはり小出祐介は変態だと思った。彼の性格の歪み方は本当にカッコイイ。

 

 

夜は山口一郎が情熱大陸に出るということで、久しぶりに民法のテレビを観た。大体1ヶ月ぶりに観たテレビだ。一応昨日まで民法のテレビを作っていたのだけれど、テレビなんてめったに観ないよなあ。

テレビがいかにオワコンかなんて、テレビ作ってる人達がいちばん理解しているからみんなそんなに責めないでくれよな。

 

で、実際の内容だったが、まあ感想としてはこんな感じ。

音楽は演奏しているど真ん中で聴くのが一番気持ちいいので、音楽の配置が設定できることでそれが実現できるのならば最高だなーと思います。

でも久しぶりに演奏したい気にもなるんだ。

 

 

……思い返すと、大体いつもの休日と変わらない日常だった。日記のテンションもやたら低いけれど、上げる要素が見当たらないのでこれまたしょうがない。

至って普通の日々だった。普通の日にテンションは上がらんわなあ。

広告を非表示にする