読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

NIKKI「TEN-ICHI is OSECHI」

 

10月1日である。

ついに10月に入ってしまった。1年もあと3ヶ月。

そろそろ退職まで1ヶ月を切った。今日も帰りは日付変更後。そして9月までの金銭的な困窮を考えると辞めて正解だったなあとしみじみ感じ入る。

 

まあそんなことはどうでもよくて、1日は僕の給料日である。

僕以外の社員は全員実家暮らしなので、月末に家賃や光熱費を払うという感覚がないので1日になっているが、僕としては毎度勘弁してほしいと思ってしまう。

気を抜くと会社の愚痴になるのは困ったものだ。まあ辞める会社だし、そこはもう考えずに割りきっていこう。

 

で、まあ久しぶりに財布が潤いを取り戻した。他人からみれば「なんかもう既に枯れてない?」と言われそうだが、僕にとってはとても潤っている状態だ。まあそれぐらいの生活ぶりだと予想していただければと思う。

昼ごはんは久しぶりに外食でもしようかしらん、と考えていると今日が「10月1日」だということを思い出す。

 

10月1日。

 

10(てん)月 1(いち)日じゃないか!!

 

 

10月1日に天一を食べると無料券がついてくる。それは日本全国民の共通認識。

行くしかない。

ガイアが俺に天一を食えとと囁いている。

 f:id:sichisichi49:20151002150232j:image

ということで食いました。

いつもなら食事の写真なんて滅多に撮らないのだけれど、この日はついつい撮ってしまった。 

 

うまかった。いやー実にうまかった。久しぶりに食べるとやっぱりうまい。

渋谷で食べたのですが、5分くらい待つだけで入店できました。昼休み休憩が16時だったので、時間帯がよかったのかもしれない。

天一を食うたびに思うのだけれど、あのスープはスープと評するよりもシチューと評したほうがしっくりきますね。あまりにもドロッドロなので。

僕の隣に座っていた人が初めて天一に来る人だったみたいで、スープひとくち飲んだあとに「マジかよ」って呟いたのが妙にツボだった。

あと店にできた行列をみて、妙齢の女性が「あら、ラーメン屋? おいしいのかしら?」とお友達と話していて「やめとけ!」と止めようか迷った。

昔、大勝軒にふらっと入ってきたおばあちゃんが野菜大盛りを頼むのを止められなかった過去があります。絶句してた。おばあちゃん出てきたラーメン見て絶句してたよ。

 

 

ここまで書いておいてなんですが正直、声を大にするほど天一LOVEというほどでもないです。年に1~2回食べるぐらいのものという印象。

頻繁に食べたくないけれど、10月1日には必ず食べたくなるんですよね。

時期がくると食べてしまい、物珍しさから思わず写真を撮ってしまうのっておせち料理みたいだな……と思いました。

 

そんなことを思いながら、とりとめもないまま終わる。

広告を非表示にする