読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

いっそアイポッドなんてなかったほうがよかった。

音楽

 

と、思うときがあるんです。

別にアップル社に喧嘩を売るつもりではないのですが……。

 

僕も御多分にもれず iPodユーザーであり、しかも今は亡きiPodクラシックという160GBもの音楽媒体を持ち運べるものを所持している。

かつてiPod(当時は4GB)を手にしたときは、その次世代感に胸を踊らせ、無闇矢鱈にくるくると回してみたり、曲をシャッフルさせては愉悦を顔に滲ませていた。

クラシックを手にした時は160GBもの音楽を手にすることはないだろう……と思い込んでいたのだが、いまや160GBを埋めようとしているのだから驚きである。

 

しかしながら、最近iPodに対していささかの嫌悪感を抱くようになった。

 

iPodは便利だ。

とても便利だ! すごく!!

なくなれば非常に困るし、外で電池が切れたときは絶望する!

 

しかしだ!

iPodが登場してからというもの、僕の中で音楽の均一化が進んでいることに改めて気づいたのです!

薄々感じてはいたのですが、極力目を背けるようにしていた……が! しかしながら最近より顕著に感じるのだ。

音楽の均一化を……っっ!!

 

iPodの中では良曲も駄曲も全て統一化されてしまうと。

ジャケットのアートワークがミジンコみたいな画像1枚で終わってしまうと。

そしてそれを当たり前のように享受している自分がいると。

音楽をたかだかデータとして扱っている自分がいると!

 

……と、まあ無駄に熱い口調で喋っていましたが、最近そう思うんですよね。

iPodで音楽を聴くことの味気なさを再び感じているというか……。

僕はMD世代なんですけれど、なんか74分とか80分っていう制限された世界のなかでお気に入りのプレイリストを作っていたころが一番リスナーとして情熱的だったなあ……としみじみ思ったんですよね。わざわざ曲名をカタカナ文字で打ち込んだりとかしていたんです。

制限があるからこそ、燃えるなにかがあることはみなさん存じているとは思いますが、いわゆるそれですよね。

無限にも等しく音楽を収納できる機械が、良い音楽をただのデータに変えているのではないか? と考えたわけです。

 

例えばCDプレイヤーを所持している人の場合は、外出するときにもっていけるCDって限られているわけですよね。

そこでやっぱりお気に入りの1枚、外せない1枚が生まれてくると思うんですよ。

でもiPodがあるとそのどれもが均一化されてしまうんですよね……。

全てを持ち運べてしまうからこそ、それが横並びになっちゃう気がするんですよ。

別にiPodの中にもお気に入りなものとそうでないものもあるんですが、iPodの中ではそれが「同じもの」として扱われているんですよ。

いくらか容量が違うデータのひとつとして扱われているわけですよ。デザイナーが丹精込めたアートワークも登録しなければ表示すらされないわけですよ!

それが!!なんか!!嫌なんですよ!!

なんか!!嫌なんです!!!

そんなに嫌悪感があるなら外出のたびにiPodのデータ入れ替えしたらいいじゃないかって? それはそれでめんどくさいよ!!

 

と、まあそういう複雑な感情のアレです。

まあここまで書いておいてなんですが……これはもう言い訳ですよね。

多種多様な選択肢や利便性が生まれたことで、音楽に対する慈しみが年々薄れてきている……ことにしようとしているわけですね。

要はiPodに原因をなすりつけているわけですね。

最近音楽を聴くことにあまり情熱を覚えないのは、どう考えても加齢による感受性の欠落が原因なことは自分でもわかってはいるのですが……それを認めたくなくて「機械がどうの」とか「形態がああだこうだ」とか言い始めたわけです。

まさに「老害思想」とでも言うべきものですね。最悪だ。

 

昔は音楽に興味がなくなる、なんてことは想像できなかったのですが……。

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

最近この160GBのiPodがぶっ壊れたので、そんなことをつらつらと考えていました。音が出なくなっちゃったんだよね……。

 

でもiPodが壊れてもそれほど取り乱していない自分がいるんですよね。4年前に壊れたときは、その日に閉店間際のアップルストアに駆け込んでいたというのに。

社会人になってから音楽を聴く量はガクっと減りましたし、新譜を買う量も年々減り続けています。

それはもはや忙しさだけが理由ではないような気がしています。

だからこそ「これが悪いのか?」と様々なものに疑問を抱く毎日です。

いっそCDプレイヤーでも買ってやろうか、とか思うくらいに。

 

……とりとめのないまま、終わる。

広告を非表示にする