読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

6月によく聴いた音楽【三回転とひとひねり他7バンド】

 Kyte / Science For The Living

SCIENCE FOR THE LIVING

SCIENCE FOR THE LIVING

 

 部屋にいるときによく聴いてましたね。別のアルバムも好きだけれども、このアルバムがジャケット含め一番お気に入りかなーと。

ちょっと落ち着いた空気を纏った音楽が聴きたい方は是非。

こういう音楽はまたどういうふうに作ればいいんだあ? と頭を捻るばかりです。方法の一端すら掴めないレベル。形にする為の方法論はわかるけれど、それをどう生み出すのかがわからない。

勉強が足りないですね。

 

 三回転とひとひねり/メルヘン巻

メルヘン巻

メルヘン巻

 

やっぱり大好きだー。三回転とひとひねり!!

ポップだったり、ちょいポエトリーだったりで、振り幅が広くて面白い。

纏う雰囲気は緩い。ゆるゆるだ。だけど細やかな工夫にニヤニヤしてしまう。シンプルな構成なのだけれども、繰り返し聴いていると細部に音が差し込まれてることに気づいて楽しい。

ポップで口ずさめる楽曲なのにどこかマニアックなのはweezerとかにも通ずる要素かと思います。

計算でこの空気を出しているのか、それとも滲み出ているものなのか……たぶん後者かなあ?

「B面」が好きです。ファーストだと「レビ」とかかなー。「渇水」も好きだけれど。

しげるさんの書く文章が好きなので、そちら方面も実は期待してます。

 

そしてこれは自慢なんですけど、サイン入りの盤を持ってます。自慢です。

 

 the HIATUS / A World Of Pandemonium

A World Of Pandemonium

A World Of Pandemonium

 

今月からですね、このアルバムを全部コピーしようと目論んでます。

梅雨が終わるまえに全部コピーできればなー、と思っておりますがどうなることやら。でも「これは試練だ!」って感じよりも楽しんでる気持ちのほうが大きいです。

僕はタッピングとかにまったく縁がない音楽人生だったのですが、Deerhoundsとかをコピーするときに挑戦してみまして……これは面白いですね……。

 

 U2 / songs of innocence

ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション

ソングス・オブ・イノセンス-デラックス・エディション

 

 入院していた際にiPodを家に忘れてしまいまして……というか緊急で運ばれるときにiPodを律儀に持ち歩くわけねーだろ、ということでね……。

携帯には音楽を入れないタイプの人間なので、「聴くものがねえ!」と病室で困っていたのですが……「そういえばU2が無料で配信してたなあ……」ということを思いだして聴いてみた次第です。

 

いやこれ悪くないですよ……っていうか結構よくないですか?

なんか巷の評価を聞くに、あまりいい評価を聞かなかったので期待してなかったのですが……結構好きな感じでした。

僕はそれほどU2に傾倒しているわけではないので、他のアルバムとの相対的な評価はできないですけれども……「volcano」とかいい曲だなと思いました。

 

まあこれを機に改めてこのアルバムの配信方法に関して言及しますと……

ビッグアーティストが最新アルバムをただでくれてやる、って言っているのになにを文句を言うことがあるんだ!? って感じですね。

邪魔なら消せばいいだけですし、なにをそんなに憤ることがあるんだろう? というのが正直な感想ですね。まあでも人によって受ける印象は違うしなあ……。

ただこれが主流になると、自主製作アルバム7曲入り1000円とかで売ってるアマチュアが大変になるだろうなあ……と思ってもしまいました。

 

本当にここ10年くらいで音楽の価値が過激に変容しているように思います。

 

 MONOEYES / My instant song E.P

My Instant Song E.P.

My Instant Song E.P.

 

 さて細美くんの新バンドの初音源……ということですが。

メロパン! これだ!! これを待ち侘びていたんだ!!

って感じですね。いやあメロディックパンクの細美武士が戻ってきたという感じですね。口ずさめて自然と身体が跳ねるような楽曲。

ブラストビートと戸高くんって組み合わせが個人的にツボすぎます。今まで観たことがなかっただけに、この組み合わせには滾るものがあります。

ELLEGARDENとはまた違った空気を纏ったバンドだと思います。演奏している人間が違うのだから当たり前ですけれど。はやくアルバム単位で聴きたいですね。

 

 RADIOHEAD / In Rainbows

In Rainbows

In Rainbows

 

 レディへはかなり好きなのですが、実は一番好きなアルバムが「In Rainbows」なんです。理由は単純で一番最初に聴いたという理由。思い出補正ですね。

このアルバムが発売方法は当時としては凄く画期的で、「聴く人が勝手に値段つける」という手法で販売されたんですね。

まあ極貧高校生だった僕は、確か無料か100円とかそういうレベルでこの音源を手に入れたと思います。それが初のレディへ体験。

15 stepとか当時BUMP OF CHICKENELLEGARDENが最強の音楽と思っていた僕にとっては衝撃でした。その2バンドが音楽的に劣っているとかではなく、「こんなのもあるのか!?」という驚き。これ何拍子だよ? と頭を傾けながら聴いていた思い出があります。

で、まあレディへもいろいろ聴いたけれど、陽性なエレクトロレディへが僕は好みみたいです。

レディへはいいですね。新作、本格的に作り始めるみたいで……楽しみですね。

 

 SAKEROCK / SAYONARA

SAYONARA

SAYONARA

 

 まさかのラスト・アルバムとなった今作ですが……相も変わらず素敵ですね。

なによりジャケがめっちゃいい。脱退したメンバーが再び戻りラスト・アルバムを作るなんてそうそう有り得る話ではないですからね……。昔のSAKEROCKも本当に素敵だったのでこれは嬉しいサプライズ

内容はもう言わずもがな。これぞSAKEROCK。解散アルバムなのに、ポップ調の曲が多いのは彼ららしいな……と。

それにしても「SAYONARA」のPVはグッとくる。

仄暗さがどんどんと明るくなり、夜明けを迎えるのと同時に、上空から捉える五人の姿。五角形になる。どこが突出しているとかそういうのではなく、美しい五角形。

これが泣かずにいられるか! というPVでしたね。

 



 

この他にだとSUPPER BUTTER DOGとか口ロロとかAphex twinやBOaTとか聴いてましたね。

でもやっぱり結局バナナムーンゴールドを一番聴いたかな。

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD

  • TBS RADIO 954kHz
  • コメディ
  • ¥0

 ここ数年で一番きいた音源は間違いなくこれだ……。

広告を非表示にする