読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

4月によく聴いた音楽【Jack johnson他5アーティスト】

音楽

 

4月によく聴いた音楽をまとめまくるぞーい。

 

シング・アロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム

シング・アロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム

 

 いやーこれがもっともよく聴いたかもしれないですね。ゆったりしていて、それなのに耳にくっきりと残る。最高です。

よく晴れた日に窓をぶわっと開けて聴きたくなりますね。

 


最高ですね。一度でいいから生で聴きたいですねー。昇天するんじゃないかな。

大阪出張のときとかずっと聴いていたので、Jack Johnson聴くと新幹線の窓を叩く雨の景色とかを思い出します。

音楽によって情景がよみがえるのが好きなので、こういう思い出は積極的に増やしていきたいなと。音楽って記憶を呼び起こすトリガーにもなりえるのがすごいなと思いますね。

いや、まあ言っちゃえばなんだってなり得るんですけどね。

 

 羽川翼堀江由衣)/chocolate insomnia

chocolate insomnia

chocolate insomnia

 

 あー羽川翼かわいい~~~~~~~~~。

 これはとにっかくリピートしまくった。Bメロのスネアがとてもツボなんですよね。別に大したことしてないんですけど、アニメーションとあいまって凄く気持ちがいい。体操シーンのとことですね。「やたら甘すぎる~」のところ。

物語シリーズの中だと「帰り道」とか「二言目」もいい曲だと思います。

「二言目」のああいうスタンダードナンバー感はなかなか出せないもんだと思います。

 

 CORNELIUS/point

point

point

 

これめっちゃ聴いてましたね。これはヘッドフォン推奨!! 聴いてるだけで気持ちいい。月並な表現で申し訳ないですが、やはり小山田圭吾は天才だと思います。

ヘッドフォン推奨なのは密集した音像が気持ちよいから……というのもありますが、全体的にパン振りが気持ちいい曲が多い、ってのもありますね。初っ端の「Bug」からもう顕著にそれが感じられますね。

「Another View Point」とかが好きです。ベースの音が最高すぎ。

 ひとつの理想ですね。もうどうやったらこんなにふうに? とか考えられないレベルで高みにいる存在すぎる。

 フリッパーズ・ギターも併せてよく聴きました。

 

フリッパーズ・ギター/CAMELA TALK

CAMERA TALK

CAMERA TALK

 

髪を切るさ!  

バスルームはイントロのベースがカッコイイですね。

確かにあの時代からすると革新的なのかもしれない。この時代の直撃世代に生まれていたらどうなっていたんだろうとふと思います。あの時代には音楽の商業的にもかなり希望に溢れていましたし、音楽に人生をベットすることで返ってくる見返りが相応だったと思うんですよね。それはまあ金銭的な意味でもそうですし、金銭が発生することでの音楽業界の潤いによるアーティストのモチベーションも違うと思いますし……。

金がないといい音を作ることができないわけで、いまはいい音楽を作るだけでも大変だし、それを届けるのなんてもっと労力を必要とするよなーと思うわけです。

いまの音楽業界に希望はないなーということを、聴きながら考えてしまいました。

 

 Base Ball Bear/二十九歳

二十九歳(初回限定盤)(DVD付)

二十九歳(初回限定盤)(DVD付)

 

 なんか久々に聴き返してました。これは非常にいいアルバムですね。新呼吸につづいてアルバム単位で評価したくなる。

ここ数年の音楽界隈の流れから「アルバム」で聴くことの価値が薄れており、シングルという概念も薄れていまして……僕もまたその影響を多かれ少なかれ受けているわけですが……それでもこのアルバムは頭からケツまで聴きたくなる求心力をもっていると思います。

今の時代に74分の16曲というスケールを打ち出したベボベはチャレンジャーだなあと。「方舟」が一番好きですね。

他にだと「魔王」はまさに小出祐介って曲で、これはまたあたらしいアンセムができたなあ……と思いました。

ラストナンバーがカナリアというのも憎い演出です。アルバムのカーテンコールナンバーとしてきっちり機能しているくせに、ちゃんとスカしてくれるというか。「かなりリアル」っていう隠れメッセージも憎くて、実に小出くんらしい。

あまり言われることはないですが、小出祐介は紛れもなく天才だと思います。

 ベボベ……なんかどんなときでも過小評価されている感が否めないので、ギャグみたいなレベルで売れてくれないかな……と思います。

語弊を恐れず言うならば、ミスチルになれる才能があるんじゃないかと僕は思っているんです。大好きなバンドです。

 

ただ、これ作ったあとになにを作るんだろう? と思ってしまうのも事実ですね。 

 

 髭(HIGE)/Chaos in Apple

Chaos in Apple

Chaos in Apple

 

 でかい音で聴くと楽しいバンドです以上。

「黒に染めろ」が最高です。「せってん」も最高です。「ママ’s理論」とかも

 

 

 まとめ

4月は引っ越しの準備もしていた関係上、そこそこ忙しかったのですが、上記した以外にもいろいろと聴いていた印象がありますね。よく聴いたのが上記したものってだけで、なんか常に音楽を聴いていたような印象があります。家でも引っ越し関連の書類とか書く必要性があったのですが、音楽でも聴かなきゃやってられないなーと思っていたのもあったかもしれません。

しかし、ここ数ヶ月この「よく聴いた」シリーズをやっていますが、まったくもって新しい音楽に出会わないのはどうかと思いますね。

年始に「今年はいろんな音楽を聴くぞー」と思っており、そのときの僕の予想では「新しい音楽に出会いまくるから、備忘録的なものをつけないと忘れちゃうかもな……」と思っていたのですが……びっくりするほど新しいものに出会ってませんね。ほんと……びっくりするほど……。

出会いたいとは思っているんですけどね……。ええ、なんかいい音楽あったら知りたいとは……思っているんですけどね……。

 

音楽的な欲求がですね……最近……完全にないです

 

広告を非表示にする