読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

シンデレラガールズ第6話・感想「お豆腐メンタル未央ちゃんと言葉足らずプロデューサーのすれ違いデイズ」

 

タイトル長っ。けれどまあ、割と的確に6話を表現できているのではないでしょうか。

前回感想はこちら

 

 

未央ちゃんご乱心

今回、本田未央はなぜあそこまでやらかしてしまったのか。一見すると突然未央ちゃんが喚きだしたように見えなくもないが、ここに至るまではきちんとした筋書きがあった。

本田未央はお豆腐メンタルである。普段は明るく脳天気に振る舞っているが、プレッシャーに弱く突発的な事件が起こると対応できず強張ってしまう。これは3話のライブ回でも証明されたとおり。この前提をさらっと3話で見せたからこそ、今回の話は幾分未央ちゃん寄りで観ることができる。

 

未央ちゃんがライブ最後に発した「アイドルをやめる宣言」。あれはなぜ発せられたものだったのだろうか?

早い話が、自分の思っていた結果と違ったからだ。自分が思い描いていた未来図とのあまりの大きな乖離に戸惑いを憶え、多く見積もっても数十人のお客さんのなかで歌って踊っているところをクラスメイトにみられた……というところに自尊心が傷つけられたからである。

だがしかし……プロデューサーとしては「このライブは成功」と言っているし、バックステージのスタッフも喜んでいた、そしてなによりアーニャと新田は笑顔をみせ、心の底からこの「成功」を喜んでいた。

この差はどこから生まれたものだろうか?

それはやはり城ヶ崎美嘉の気まぐれを起因とした3話のライブでの、ニュージェネレーションズが偶発的に起こしてしまった奇跡によるものだろう。

 

ここで自身の周りでのアイドルイメージに隔たりがおきる。早い話が自分の中で勝手に「自分は人気者のアイドル」というふうに思想を肥大化させてしまったのだ

しかしこれは無理もない。ドサ回り的なことをなにもせず、大した仕事もさせてもらってないうちから「アイドルのトップ」のステージに立ち、まがいなりにも成功してしまったのだ。

勘違いしちゃったのだ。「わたしすごいアイドルなんじゃなーい!?」って。

序盤でも「未央だけが褒められている」とか細やかなフリも効いていたから、未央がより調子に乗りやすい環境が作り上げられていたと思う。

で、まああの結果に終わったわけだ。結果としては成功……だがしかし本田未央の中では「失敗」のライブだったわけである。そりゃあ数万人相手のあとに数十人の客相手にライブじゃその落差に絶望してもしょうがない。

 

ではなぜ彼女たちと違い、ラブライカの二人はこのライブを「成功」で終えたのか。

f:id:sichisichi49:20150216235631j:plain

アーニャと新田にはライブでの成功体験がなかった。そのうえドサ回り的な仕事もこなしていた為に「ステージにのぼり、歌を歌って拍手をもらう」それだけのことが非常に喜ばしいものだった。

ライブ自体が初めてだった為に、喜びのハードルが極端に低いが為に「成功」と思えた。これはおそらくですが、みくにゃんであってもきらりであってもだりーなであっても結果は同じだったでしょう。

 

ニュージェネとラブライカを対比させることで、ニュージェネが置かれてきた状況の特異性をより強くさせ、更に視聴者に「別にこの子たちはそんなに凄い位置にいないよー」よいう現状説明を同時にさせるというスマートさは見事です。

 

ではこの問題、誰が一番悪かったのでしょうか?

勝手に調子ぶっこいていた未央ちゃん? そもそも調子をぶっこかせるきっかけをつくった城ヶ崎美嘉? いえいえ違います。

どう考えてもプロデューサーです。まあ……当たり前なんですが

 

6話の主軸はどう考えてもプロデューサーにあると思われます。

1~5話まで「物言わぬプロデューサー」という姿勢を続けてきた武内Pですが……今回はついにその「物言わぬ」という点が「あまりよろしくない」方向ではっきりと明示されてしまいました。

僕はモバマスというゲームを踏襲した「ゲームプレイヤーは口出しできない=Pは寡黙で指示だけを出す」というのを表現していると思っていたのですが、どうやらそれだけで終わらすことはないようで安心です。

 

で、まあ今回プロデューサーの「コミュニケーション不足」という問題点が浮き彫りになったわけです。

今まででも言葉足らずな点があり、アイドルを不安にさせることがあったわけですが、今回は特に如実にそれが出てしまった回でしたね。

特に未央ちゃんが「友達たくさん呼んじゃったけど」と言ったことが最大の問題点ですね。演者がライブのキャパ及び集客状況を把握していない……これはもうプロデューサーの落ち度以外のなにものでもないですね。

それに対しての「大丈夫だと思います」という解答は心配するベクトルが間違ってしまっている。

今までも3話でのライブ前の鼓舞を凛がやっていたりと……様々な落ち度を見せてきたもののアイドルに(ある意味)助けられてきた武内Pですが……しかし今回ばかりはアイドルとの圧倒的なコミュニケーション不足が招いた結果です。ここからどうなるのか非常に見ものです。

 

お前に未来はあるのか、武内P!? 

未央ちゃん達とのすれ違いは解消できるのか武内P!?

がんばれ! 超がんばれ武内P!!

f:id:sichisichi49:20150217005515j:plain

このシーン、「階段を駆け下りるシンデレラを見送る王子様」という童話シンデレラを踏襲したシーンを意図していると思うのですが、ほんと芸が細かいなあ……デレマス。

 

まとめ

いやーここまでの流れをね、1話でやりきるのは本当に凄いですよ。

正直なところ僕が飽きっぽいところもあって「デレマスもう観るのはDVD化されてからでいいかな……」とか思っている節もあったのですが、いやー面白いですね。

ちゃんと視聴者の「?」に対して的確に解答を放り投げてくる。

6話自体は非常に悪い流れのストーリー内容ですが、アニメ全体としての流れは非常に素晴らしいと思います。なにせ続きが観たいからね。

次は観ている側の「で、武内Pって存在する意味あるの?」という問いに真っ向から答える回になるのではないでしょうか楽しみです!!

 

そういえば今回、普通に夢中に観ちゃったのであんまり楓チェックしてないのですが、たぶん楓さんは出てませんでした!!なんにせよ腹が立ちます!!

腹が、立ちます!!

 

 

広告を非表示にする