読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

NIKKI「模様替え」「Time to」「ブログとか」

 

「模様替え」

何度目かわからない模様替えをしましたが、おそらくですがこれで最後かなと思います。

2年くらい同じ場所に置いてあった本棚とか動かしたりして、かなり大規模に部屋の感じを変えました。奇しくも上京したときと同じ感じの間取りになりました。なんだか気分が一新された感じです。

あのころは今以上に生意気で捻くれものだったなあと赤面必至な思い出を手繰り寄せながら、思い出の品をどんどんゴミ箱に投下していきます。いつまでも若くはいられないのである……。

いつもなら模様替えすると「ここにアレがあると便利だなあ~」といらないものまで買いそうになるのですが、今回は見事に部屋から一歩もでることなく模様替えを成功させました。

あとはどれだけ維持できるかですね。

なにごとも始めるのは簡単、続けるのが難しい。

 

最近自分のためだけに使える時間があまりなかったので、かなり充実した休日でした。

また12日後に待っている(はずの)休日に向けて頑張りたいと思います。

そこからは地獄の無休の3月が待ち受けています。シャレになりません。

 

「Time to」

刻一刻と時間が過ぎていますが、最近とても焦っております。ついに僕、大学を卒業して1年が経とうとしているわけです。うげー今年には24歳かよ、ろくな大人になってねえなあ……と落胆していたのですが、嘆いている時間はねえぞと……奮起します。

僕は大学の間、本当に遊び呆けていてまったくもって身についたものがないという現状です。それを取り返すようにいま日々時間を使っているわけですが、やはり昔に比べて本が胸を打ってくる確率は低いし、音楽にも新鮮さがありません。

習熟度が下がっているなあと実感します。昔はどんな本を読んでもなにかしら感動していた気がするし、音楽を聴いたら自然と沸き上がってくるものがあったのですが。

知らない、ということは楽しいことだ、というのを昔なにかで聴いたことがありますが、まあそのとおりだな……と思いますね。

「あーこのストーリー、他のなにかで観たな」とか「あーこのバンド、あのバンドに似てるなぁ」とか知っている情報が感動を阻害することって多々ある気がします。

もっと無邪気な気持ちで作品に触れたいと思うときもありますが、しかしまあもう23歳なのでそんなこと言ってもいられないですからね。

23歳相応の本や音楽の受け入れ方を模索していかなければ。

いつまでも無邪気にはしゃいでいられる時期は過ぎてしまった。

言うは易く行うは難しなので、ちゃんと結果に結び付けなきゃいけませんね。

 

そして3月になると、僕の大学の後輩が卒業します。

卒業したら一緒にいろんなことをやろうと誘っている人がたくさんいるので、それまでになんとか自分をもう少し大きく見せられる努力をしたいものです。

3月になったら、いろいろ動き出せる気がします。

あと2週間、時間がないですね。

なんかこう、最近無駄に焦ってます。ぬあー。

 

「ブログとか」

そんな焦ってる毎日ですので、他の方のブログが読めてない。それはそれですごくフラストレーション溜まりますね。読みたい人、たくさんいるのにな。

ブログを読む、ってなんか個人的には本を読むのとあまり変わりなくて、結構気合いを入れないと駄目なことのひとつになっている……。よくないな。

 

ブログ続けておいてよかったな、と思うことが今日もまたひとつあって……最初のころはほんとただ書き殴るだけだったのだけれど、いまは気持ちを伝えたいなーとか共有できるかなーいう気持ちが強くなってきました。

なので、最近……かなり情報過多な文章が多いなあと反省する限りです。

たくさん書けば物事を通じるわけではなく、要点を抑えればちゃんと理路整然してわかりやすい文章にはなるはずなのです。

 

長すぎるものに意味は無い。

そうこのNIKKIもまた同じく。

 

このオチ前も使った気がするな……

 

広告を非表示にする