読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

シンデレラガールズ第三話は「アイドルとしての格」を描いている。

アイマス関連 アニメ

 

いやー覇権。覇権ですよ。

デレマスは今期の覇権をとる可能性があることを証明する回だと確信しましたね。

ぶっちゃけデレマス以外のアニメはまったく観てないので、他がどうとか言えないですけれども、ここまでもっっっのすごく丁寧に作られた作品はやっぱりある程度の評価は得て欲しいなと思うわけです。

 

 前回の分はこちら。

 

さて、今回は2話からの流を引き継いでのライブ回。

この3話で主軸として描かれたのは「アイドルとしての格」だと僕は思います。

この話で目についたのは「凛・卯月・未央の現状の確認」だと思う。現在の彼女達はアイドルとしてどういった立ち位置にいて、どれほどの実力なのか……それらを示すと共に彼女達自身が理解していく話だと思います。

それらを理解していくうえで「先輩アイドル」という存在が大きく関わっていると思います。先輩アイドルとの対比をしていくうえで、彼女たちは現状を理解していく……という話かと。

 

前半のシーンでは先輩アイドルとの対比はあまり描かれない。なぜならば「自分の知る世界内での出来事」しか起きていないからだ。

見知った人の中で、自分たちのできることをやるぞ! という希望に満ち溢れながらも大海を知らない状況。困難はありながらも、努力を重ねることでなんとかなるんじゃないの? というちょっとした楽観がアイドル達からみえる。だから物語の雰囲気もややギャグテイストだし、雰囲気的に差し迫った感じが出ないように合間にギャグシーンを挟んだりもしている。

このあたりの楽観的視点の流れは本田未央を注目するべきだと僕は思う。

なぜなら地味に3話は彼女のお話だと思うからだ。

前半パートまでの彼女ははダンスの練習が厳しくとも、すぐにテンションや気分を切り替えられる余裕がある。衣装に興奮するだけの余裕があるし、なにかにつけて非常に饒舌だ。

大海を知らない。楽しさや希望の大きな光ばかりに目がいき、まだまだその危うさが観えていない状況である。

簡単に言うと「ちょっとナメている」のだ。

しかし彼女はある程度の素質もあるし、その持ち前の性格もありそれが面に出るようなこともないし、彼女自身もそうは思っていない。

 

それを一番懸念していたのはプロデューサー。

「まだ早いのでは」という言葉を布石にすると共に、映像でもその未熟さを表現している。

f:id:sichisichi49:20150126175955j:plain

この時計のシーン。まだまだ12時にはほど遠い。単純に「夜遅くまで練習している」ということを表現するには日が浅すぎるから、ここはやはりちょっと穿ってみるべきだろう。

デレマスでは「時計」は非常に重要な表現要素となっているけれども、この時間に注目した際に読み取れるのは「まだまだシンデレラタイムには早い」ということではないだろうか。その後には「ギリギリ及第点」と言われているけれど、実際のところは……? という暗喩ではないのかな? とも思った。考え過ぎか?

 

そして後半。ここから物語のトーンががらりと変わる。

絵的にもやや暗めの色彩になり、凛・卯月・未央の顔にも翳りがみえてくる。

そこで描かれたのが先輩アイドルと3人との「格」の違いだ。

一番如実に描かれたのは川島のお偉いさんへの対応だろう。

f:id:sichisichi49:20150126180240j:plain

f:id:sichisichi49:20150126180256j:plain

 メイク途中にも関わらず、真っ先に立ち上がり挨拶をする姿は「先輩アイドル」として非常に出来た姿だと思う。3人はまだお偉いさんがお偉いさんであるかどうかもわからない状況である。

こういったシーンで「アイドルとしての経験値の差」を如実にあらわしていく。

そしてその上で「偉い人がみにくるようなライブに自分が出る」というライブに対する無言のプレッシャーも示唆できている。こういった点が非常に上手い。

他にも、城ヶ崎達の余裕のある表情、小日向の自分よりも先に相手を気遣う対応。

無理矢理に3人の格を落とすのではなく、3人ができていないことを事も無げにやる、という点で「先輩」としての風格を表したことが非常に素晴らしいと思う。

例え凛たちがリハーサルを成功させていたとしても、これらの行動があるだけで「あ、やっぱり川島さん達は先輩だな」と観ている側は思ってしまうのだ。

 そしてそのうえで「キャラ」を活かしている。「その人はそんなことしないよねー」ということは決してしない。無理のない感じで、あくまで自然な形で「先輩アイドル」を表現している。

他にもリハーサルチェックの際に、事も無げにリハを進行する先輩たちと台本をもっておどおどするばかりの3人……など、物語を進行させつつもかなりはっきりと「先輩アイドルと君たちでは今のところ「格」がまるで違うよ」ということを明示している。

3話は明確な3人の現在地を知る話なのだ。

 

それを無言のうちに感じ取った3人は、当然ながら緊張する。

今まで大海を知らなかった蛙達は、突如として膨れ上がった世界に戸惑いを隠せなくなってしまう。事前の説明も簡素で、いろいろなことが突発的。それに対する最適解も見いだせない。

こんなにもアイドルの世界は厳しいのか、と肌身で痛感していく。3話までは比較的ハッピーな展開が多かっただけにここは彼女達のターニングポイントといえるだろう。

ここで注目したいのがやはり本田未央である。天真爛漫で、なにごとにつけて明るく対応していた彼女が後半になってから一切の笑顔をなくす。

自分が立ち向かう事の重大さについに気づいてしまったのだ。

3話まで一貫して明るく保ってきた彼女の性格がここで崩れるからこそ、この状況の深刻さがよく現れていると思う。しかも彼女は卯月よりも業界を知らず、凛よりも用心深いわけではない。彼女のキャラを掘り下げると共に、状況を示唆する。上手い。

 

その中で強烈に印象深いのはやはり凛の励ましだろう。

いまいちアイドルへの強烈なやる気をみせていなかった彼女がここにきて未央を励まし、卯月と未央を鼓舞する。

いまひとつアイドルに対して強い情熱を示すことのなかった凛が思わず熱をあげたもの、それは「仲間」だったのである。

なんて熱い展開だろうか。「アイドル」という存在ではなく、「仲間」を想い彼女は自身の心を少しだけ解き放つ。

思えば彼女は最初からそうだった。1話でも卯月に感化されてアイドルになることを決意する。そして3話は逆ベクトルで未央に感化されて、アイドルとしての一歩を更に踏み出す!

ああ、素晴らしい! これぞアイマスやぁ! と諸手を挙げたくなる。

 

そしてここでの765との大きな違いをあげるのならば、プロデューサーがこの件に関して口出しをしなかった……という点でしょうか。

765ならここならプロデューサーが発破をかけてもおかしくないな……というシーンでしたが、彼は今回陰で見守ることを選択しています。

基本的に765はアイドル対プロデューサーという図式の中で物語が進行していき、プロデューサーのワンアクションで大きな変動が得られるということが多かったと思いますし、プロデューサーという存在は物語の大きな要素となっていました。

しかし、3話までのデレマスではプロデューサーはあくまで蚊帳の外で見守る立場にいます。これが後半どう活きてくるのかかなり楽しみですね。介入したときはアイドルだけでは解決のできないなにかしらが発生したときだと思いますが……。

デレマスが描こうとしているのが「仲間との物語」ならば、765プロが描いてきた「プロデューサーとのアイドル活動」という物語からは大きく軸がズレると思います。

今回の流れでその確信がより強まったような気がしますね。しかしそれがあるからこそ、プロデューサーが出張ってきたときが本当に楽しみです。

 

まああとはライブシーンを経ての終幕。

f:id:sichisichi49:20150126181940j:plain

 暗いターム抜け出たからこそのこの笑顔! いいっすねー。これだけ活躍しているけれど、彼女たちはあくまでバックダンサーという立ち位置なのも面白い。

作中で時計の針が一度だけ進むシーンがありますが、こういった点のことを暗に示しているのかなーとも思いました。「一歩進めたね」という言葉と結論を時計が役割として担っているのかなーと。

 

 終幕後の流れを描くのは、シンデレラ・タイムの終わりを表現しているのかな。

f:id:sichisichi49:20150126182126j:plain

いつまでも輝ける時間があるわけではなくて、シンデレラである為の時間は有限であるということなのではないかと……。

そういった点も含めて「夢みたい」と言ったのではないかと思います。

現在地を確認できた彼女だからこそ、夢への新しい一歩は更に堅実で力強いものになるのではないか……と思いますね。あー楽しみ。毎週楽しみです。

 

かわいかったシーン

f:id:sichisichi49:20150126182150j:plain

前川かわいー。おへそかわいー。彼女、場面転換キャラとして今回使われてたけれどいずれ物語にビッグウェーブを起こしそうで楽しみですねー。

f:id:sichisichi49:20150126181833j:plain

アーニャかわいー。目元にブリキ絵を感じる。電波女と青春男のエリオみたい。

f:id:sichisichi49:20150126181844j:plain

トレーナーさんかわいー。こういう芯が強そうなキャラ好きです。彼女も寂しい夜には「私だって人になにかを教えられたい日もある」とか言っちゃうんですよきっと。

……自分で書いておいてだいぶ気持ち悪いな。

 

 

しかし三話には大きな欠点がある!!!!

楓さんがOPにしか出ていない。この一点に尽きます。

f:id:sichisichi49:20150119232113j:plain

この1シーンだけです! しかも2話でもう出てるし!!

4話は少なくとも9000兆倍くらい登場シーンが増えるといいですね!

 

次に楓さんが出なかったら、4話の感想ではなく楓さんの魅力語りをします。

 

広告を非表示にする