読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

関係性のボーダーライン「ボーダー・渡辺ペコ・感想」

 

ボーダーを読みました。

ボーダー 1 (ヤングジャンプコミックス)

ボーダー 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

渡辺ペコ先生の作品。読んだのは随分前ですが、自分の中である程度は咀嚼ができたので感想をそろそろ書きたいと思います。

ガッツリネタバレして感想書きます。よろしくお願いします。

と思ったけれど、ネタバレした内容は2巻の裏表紙に書かれている内容だったので、大したネタバレではないかもしれません。

ご判断はお任せしますっ。

 

 

ボーダーは簡単に言うと「好きになった女がバツイチだった。しかも子持ちだった。しかも元は男だった!?」という話で……すっごく渡辺ペコ先生っぽい作品です。

こう書くと、凄く特殊なストーリーに思えなくはないですが、実際ものすごくシンプルな話だと思います。

 

要は「あなたはその境界(=ボーダー)を越えられるか?」という話だと思います。

好きになった相手がバツイチだった「いやそれくらいなら越えられる」

相手が子持ちだった「それも大丈夫、子供好きだし」

相手が元・男だった「えええ? いやーまあ大丈夫!そのボーダーラインを越えて自分は相手を愛することができるよ」

という感じのまあ、非常にシンプルなお話です。

お話を面白くする為に非常に稀有な例にはなっていますが、これらの「物事を越えるor超えない」というものは、男女間ではまったくもって珍しくない話なんですよね。

 

男女が付き合うということにおいては、上記したものほどのことはそうそうないにせよ、大体同じようなことが行われているわけですよ。

たとえば「相手はお金を年に◯◯円しか稼げない」というボーダーを「かまわない」と思い越えられたからこそ、付き合うわけですよ。

男女にかぎらず人と人が付き合っていくには、相手と同じ生活をすることによる「ボーダー」を超え続けなければいけなくて、最初は越えられていたボーダーを越えることができなくなるときが「別れ」に繋がる……ということをこの作品は描いていると思います。

 

だからこの「ボーダー」という作品は、ボーダーラインを越えられた人と越えられなかった人、そして越えていこうともがく人の、非常に普遍的な話だと思うのです。

そしてこのボーダーというのは、人と人の関係だけのお話だけではなくて……「男だけれど女になるということ」に関する様々な障害を「越えられるのか」というお話でもあるわけです。

対・人とのボーダーと、対・自分とのボーダーの両方を描いている作品。

なんだかわかりづらい感じで書いていますが、言い換えてしまうと非常にシンプル。

「君はその障害越えられるの?」って話なわけです。

 

で、ここからは個人的は感想。

まあ男である読者がこの作品を読んで思うことは「自分だったらいけるかな?」ということだと思うんですよ。

もうこの時点で「このボーダー、越えられるかな? 越えられないかな?」って自問しているじゃないですか。この疑問を呼び起こすことに成功している時点で、この漫画の根幹を無自覚的に理解させているんですよ。これは地味に凄い。

「こんな問題、考えるまでもないね」で終わらせないのが、渡辺ペコ先生の書く作品の大きな魅力だと思います。

 

終わり方は、賛否両論あるとは思うけれど……僕は「別にこれでいいんじゃない?」派閥ですかね。

「わたしはわたしのイバラの道を進んでみるよ」という桜井さんの言葉でなにか腑に落ちた感じがしたので、これで終わりでもなんの問題もないなーと思いました。

これからも彼や彼女らはそれぞれのボーダーを越えたり越えなかったりするだけだもんなー、これ以上書いても蛇足だよなーという感想に僕は行き着きました。

ちょっと後半、急ぎ足だったなと思わなくもないですけれど。清田くんってこんなに饒舌でいろいろ上手な子だっけ? と思ったりもしたのですが、それもきちんと補足してくれたので、概ね不満はないです。

まあもう少しくらいゆっくりやりたかったんだろうなあ……ってシーンはあります。桜井さんとか少し投げっぱなしになっちゃってモッタイナイなーと思いました。

 

で……実際僕は元男の人を愛せるかなーと考えたのですが、うーん想像上ではちょっと無理そうな感じするなと思いました。僕は百合はいけるけど、ゲイは無理っていう割と普通なタイプなのですが……やっぱり男とつきあう……ってなると少し牽制しますね。「好きになったんだから関係ない」って言えるほど、豪胆な性格しているわけでもないですし。

ここいらが「僕のボーダー」なんだな……と思うと、「ボーダー」という概念は本当に常に日常の中に潜んでいるなと思いました。

 

ってことで万人に薦められる話ではないけれど、万人が理解できる類の話だと思います。非常に好きです。

ボーダー 2 (ヤングジャンプコミックス)

ボーダー 2 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 ってことで別のペコ先生の作品ならこちらもどうぞ。

にこたま(1) (モーニング KC)

にこたま(1) (モーニング KC)

 

 この話をシンプルに説明すると……

一組の彼氏と彼女がいました。

彼氏が浮気して別の女との間に子供をこさえてしまいました

彼女のほうは卵巣手術で子供ができない身体になってしまいましたー。

さあ、どうする!?

みたいな話。 自分のブログから引用しました。我ながら的確。

 

こちらも感想書いてます。

よろしければこちらもどうぞ。

広告を非表示にする