読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

「もぐささん3巻」「マンキンF」「ReLIFE」の感想

漫画

 

最近読んだ本だけれど、個別に書くと長くなりがちなので3つまとめて書きます。

 

もぐささん3巻

もぐささん 3 (ヤングジャンプコミックス)

もぐささん 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

こんな感じの記事を書いてべた褒めした僕ですが、3巻は正直あんまり楽しめませんでした。

自分の体調とかテンションの問題もあるとは思うのですが、新キャラのちぐみさんのことが大して好きになれなかったのが問題ですかね。

彼女はいわゆる偏食家なのですが……僕自身が偏食家が好きではないという点を度外視しても、あんまりよいキャラではないなあ……というのが正直なところ。 

もぐささんのコンセプトが「食べているのを観ているだけで幸せになれる少女のお話」なのに、ちぐみがいることで読後いつもよりも充足感がない巻になってしまった。

 

「楽しく食事をする女の子をみるぞー」って心構えで読み始めたら、真逆の女の子が出るという「期待を裏切られた感」が読者側のストレスを生んでいると思うんですけれど、まあこればっかりは好みですからね……。

ちぐみさんが好き嫌いを克服したときは、それまでのフラストレーションが解消されて、彼女が「美味しそうに食事を楽しむキャラ」に変換されて、また今までのように楽しめるようになるのかもしれないですけど……少なくともそれを待つのもしんどいなあって感じです。なるべく早く変わってくれないかな……。

 

あと余談だけれど、小口くんのセリフ回しがやたらと固くてテンポ悪くてヤキモキしてたんですけど、「小口くん=キョロ充」という答えに辿り着いてからは、かなり楽しくなりました。ああいう人いるよね、っていう。むしろ個性だなと思いました。

 

シャーマンキングFLOWER1~4巻

思い出したときにちょくちょく買っているマンキンFですが、思い出補正も手伝ってやっぱ面白く感じますね。

 ちょっとあんまり深く考えずに読んでしまったので、浅い感想になってしまうのですが……相変わらずセンスいいなと思います。

武井先生は独特のセンスをもっており、特にマンキンの後半からは少年ジャンプにも関わらず情緒を大事にする話運びをしたり、死生観や倫理観を打ち出して戦わずして勝負が決するという方法論で話を展開していき、完全に子供を置き去りにしているという感じでしたが、それが更に研ぎ澄まされています。

 

デザインが相変わらずスゴイですね。もはやこれはカッコイイのか? って思ってしまうけれど。新機軸すぎてなんとも言えないです。

白鵠とかまでは「おお!いいな!」って感じなのですが、最近の武井先生のセンスは良い悪いの判断がしづらい。

それにしても4巻の終わりでは、ついに葉くんが登場して……まあこういう展開は否が応でも盛り上がりますね。盛り上がるのでしょうが……過去の遺産で盛り上がるっていうのはいかがなもんでしょう?

というより、マンキンFってなんなんでしょう? という気持ちが未だに拭い切れないところはあるのですが……

というより、シャーマンキングってなんだったんでしょうか。この漫画の立ち位置が未だに自分の中でうまく定まってません。と思いながら調べたら連載終わってたんですね。あらら。

 

ReLIFE 1~2

ReLIFE (アース・スター コミックス)

ReLIFE (アース・スター コミックス)

 

 コンビニで見かけたので、購入……したけれど、これはうーんまあどうんなんでしょうね? もともとWEB漫画だったということが原因だとは思うのですが、異様に画素が低いコマが散見されました。でもまあこればかりはどうしようもないですね。そこまで神経質にみるタイプではないので、まあさらっと読み飛ばしました。

 

で、内容ですけれども……まあ良くも悪くもヌルいですね。

でもまあ仕方がないんですよ。なぜならこういった物語では、序盤はやりたくなくてもヌルい時期を作らなければいけないから。

主題が「高校生のころに記憶を保持したまま戻れたら……」という実にありがちなものなのですが、まあ条件がいくつかありまして「1年後には関わった人間との記憶がなくなる」のと「リライフ(と呼ばれるコナンくん現象のこと)を他言してはいけない」というもの。

 

この条件が効いてくるのは、物語の後半だというのは当たり前ですよね。

この調子でいくとおそらく卒業までには別れがたい友情が構築されているはずですよね。そうなった場合上記した条件が効いてくるのだろうなーと思っています。

最後にこの条件による寂寥や後悔でカタルシスを得るためには、1巻から2巻前半くらいまでのヌルい時間、なんでもないただ楽しいだけの時間を積み上げなければいけないのです。

いわば「思い出の構築」の時間ですね。積み重ねてきた「なんでもない」時間こそが学生のときの最大の思い出になる……というのは割と全体の共通項だと思うのですが、それを狙う為に人間関係を構築するためのいささか退屈な物語を描いているのだと思います。

 

例えば「ひぐらしのなく頃に」とかは、序盤の楽しい学校風景があるからこそ、後半の凄惨さがより際立ち「あの頃に戻りたい」と強くキャラクター(そして読者)が思うわけですから。それと同じことをやっている時期というだけです。

だからこの段階で面白い面白くないを決めつけるのはいささか早計かなー。

 

しかし展開がいくらか予想できてしまうのは微妙ですね。思いもよらぬ展開が待ち受けている気があまりしないんですよね。うまく予想を外してくれたらもっと楽しめると思うのですが……思っているよりもギスギスした方向に話が進んでいますね。

そりゃ「大人」が関わっているのだから当たり前といえば当たり前なんですけれどね。

この「ReLIFE」は子供の物語ではないというのが、ちょっとしたミソだと思いました。

 

他にいいな、と思ったのは「あーそんなことを高校生って気にするんだー」ってことを僕くらいの年齢になると思うけれど、それを漫画内でも処理してくれているところ。

異性の呼び方とか、もうこの歳になるとあんまりいろいろ考えないよね。

 

広告を非表示にする