読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

2014年を一文字であらわすなら「病」

 

「病」

 

これ以外にないでしょう。

この1年の間は病に伏した期間だったなあ……としみじみ思います。

 

1月:牡蠣にあたりノロウィルスに感染

まさかですよ。まだこのころは学生なのですが、もう仕事はしていました。仕事はしつつ学生やりつつという期間でした。

で、どちゃくそ忙しかったので、睡眠とか食事とかを疎かにしていたら……突然の発熱&嘔吐感で倒れました。

ちなみにその前日にはアイドルマスターの映画を観に行っていってました。多幸感からの絶望の流れは精神的にしんどかったです。

この感染のせいで生牡蠣を食べるのを躊躇するようになりました。躊躇するだけで、最終的には食べますけれども。

f:id:sichisichi49:20141219113039j:plain

あたっても食べる。必ずな

 

5月:急性扁桃腺炎を発症

なにかを口に含むたびに喉に激痛が走る病。

喉も痛いけど熱も出る。これも辛かった。唾を飲み込むだけで、喉が痛いので食事もとれないから身体はいつも元気ないって状態が5日くらい続きました。原因はわからなかったのですが、朝起きた瞬間から発熱&異常な喉の痛みでした。

病気のことはあまり覚えていないのですが、この病気を患ったとき休ませてくれなかった会社及び上司のことはとても覚えていますね。

朦朧とする意識のなか、割と本気の殺意を抱きながら仕事をしていました。

いまではいい思い出なわけがない。訴訟待った無しですよ。

 

9月:感染腸炎で入院

ここでついに大金星。初の入院。いやーめでたくない。

その時のことはここで詳しく書いているので、よかったら是非。

いま読み返すと本当に大したこと書いてないですけれどね。

入院は初めてだし、本当にお腹痛かったけれども……辛いことばかりでもなくて、一週間くらい入院したおかげで自分のことを振り返ることもできました。入院にまで至るということは僕の身体はそれほど丈夫にはできてないんだな~とか、こういう働き方は僕には合ってないんだろうな~とか思いながら入院してました。

ちなみにこのときの原因はおそらく寿司か鳥肉の可能性が高いと言われました。

 

f:id:sichisichi49:20141113152105j:plain

それでも寿司は食うよ。

 

11月:感染腸炎(二か月ぶり二回目

さすがに嘘やろ? と思いましたね。ここまで僕の身体は弱ってんのかと……いくらなんでも貧弱すぎるだろ……と思ってましたね。

1回目よりは症状も軽く入院するまでには至りませんでしたが、実際辛かったですね。感染腸炎って1~2日目は熱が出るだけなんでそこまで辛くはないのですが、、3日目からの腹痛が強烈にしんどいですね。

痛み止めを飲んで仕事に向かったのをよく覚えています。

 

原因は完全にレバーだと思います。

f:id:sichisichi49:20141219120915j:plain

それでも食うことはやめないよ。なぜなら美味しいからね

 

なんて病弱なんだ

と読んでいた方は思うかもしれませんが……違うんです! そんなことないんです!

僕は大学に在学していた4年間、耳鼻科以外の病院にかかったことがないほどの健康体だったんです! 風邪すら2年に1回くらいしかひいてませんでしたし、それもすぐに完治していました。

すべて仕事が悪いと思うんですよ、僕は。

仕事をはじめてから圧倒的に体調を崩す回数が上がってるんですよ。

たぶんこれって僕だけじゃなくて、世間一般的にそうだと思うんですよね。仕事はじめてから体調を崩しやすくなった人って多いと思うんです。

仕事が全て悪いんですよ。体調管理も含めて仕事だと言われたら、「まあそうなんだけどさ、そうはいっても実際管理しようとするほどの体力が残っているかというと――ブツブツブツブツ」みたいなことになりかねないので、このあたりでやめておきます。

 

ということで今年の目標のひとつに「健康に過ごす」を掲げると共に、

「仕事を辞めたい」といまいちど強く主張したいと思います。

 

 

今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉

広告を非表示にする