読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

面白ければなんでもいいじゃん「舞妓Haaaan!!!」を観た

映画

 

舞妓Haaaan!!!を観た

舞妓Haaaan!!! [DVD]

舞妓Haaaan!!! [DVD]

 

面白かったですよ。アルコールがあると特に。

とにかく舞妓さんが可愛かったですねー。舞妓さんって可愛いんだなー。所作がいちいち可愛らしい。日本の宝ですね。 

 

 

役者感想

阿部サダヲ堤真一の演技が上手くて本当にびっくりした。

もう完全にサダヲが好きなら絶対観とけ! と強気でいける作品ですね。むしろサダヲ嫌いだとこれ観れない気がするなー。演技がキレッキレで、観ているだけで「次はなにをしでかしてくれるんだ?」という期待感がもてた。

堤真一の演技力には定評がありますが……こんな役もできるのかーと感心してしまった。酒乱的な振る舞いとか本当に堂に入った演技だった。言葉ひとつで衆目を黙らせるだけの説得力がある演技だった。舞妓が押し入ったときに黙らせたシーンとか、普通にドキッとしてしまった。

 

本編の感想

この映画、テンポ感がすごくいいですね。

特に野球選手になるまでのテンポ感は本当に素晴らしくて、あそこまででグッと惹き込まれちゃったな。

この映画が面白いかどうかっていうのは、バカ映画をバカ映画として楽しむ素養があるかどうか……っていうところだと思いますね。

突然ミュージカルを始めるバカバカしさを「バカバカしいな~」とニヤニヤ笑えるかどうか、それだけがこの映画を楽しめるか否かの分岐点だと思うな。

「あはは、なんだこれ、バカだな~」とビールを飲みながら笑う映画としてはぴったりだと思います。結構声だして笑えるような場面も多くて素晴らしかった。

 

終始面白かったけど、さすがに後半……特に終盤はダレてたかな。

確かに物語的にオチはつけなきゃいけないし、なんとなく「いい話然」とさせたほうがいろいろと都合がいいのかもしれないけれど、個人的にはちょっとくどかったかな……。

もっとバカバカしさ一辺倒でいってほしかった……けど、あの話がないとサダヲと堤の対立に深みが出ないしなー。

最終的にはこのバランスが正解なのかもしれません。

 

 

まとめ

この映画を観て一番感じたのは「物語は自由」ということですね。

物語なんだから荒唐無稽だっていいし、現実味がまったくなくたっていいじゃないか! とにかく面白ければそれでいいんだよ! だってこれはフィクション物語なんだぜ! 誰も禁止してない! 

物語はいつだって自由なんだ!!となぜかひとりで感動してました。かなり序盤に。

フィクションなんだから、舞妓さんが大好きで、その為に身体壊すまで働けてしまう男がいたっていいし、自分を捨てた男の為に舞妓になる女がいたっていい。

突然、野球選手になったりしても、ボクサーになっても、ラーメン屋になっても、市長になっても別にいい!

だってこれは「そういう物語」だから! フィクションだから!

と、物語の自由さになぜか深く感動してしまった。エンタメの鬼才クドカンだから表現できた自由で制限のない物語に感動してしまった。

この話を「ありえねー」と吐き捨てるやつは、もう映画なんて観なくていいよ! となぜか憤慨したりもしていました。

 

フィクションであることの強みを改めて実感した映画でした。

 

 

広告を非表示にする