読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

ワン・フォー・オールクリアった

ゲーム アイマス関連

 

アイドルマスターワン・フォー・オールをクリアしました

クリアしたって言っても、このゲームに実質的なクリアという概念はないので……まあ一区切りついた……という感じですかね。

こちらが途中経過記事。

読み返しても気持ち悪いこと書いてますねえ。

 

ってことで、クリアしたというひとつの区切りというのは

トロフィーコンプのことです!!

f:id:sichisichi49:20141106120947p:plain

 写真傾いちゃったw

実際取得したのは、一ヶ月くらい前なんですけどね。すっかり書くのを忘れていました。

基本的にトロコンしたいと思っているトロフィー厨なのですが……大変さという面ではそれほど大変ではありませんでしたね。

 というより、結構トロコン自体も楽しんでやれたのではないかと思います。

ってことで、ワン・フォー・オールの総評的なものを書いていこうかと思います。

 過去記事と同じような内容が記されているのかもしれないですが、それはまあご容赦ください。

 

ストーリー

よかったんじゃあないでしょうか。

13人個別のシナリオを用意しつつ、サブ的なシナリオも豊富だったので、ストーリー薄いなーと思いつつも、まあ13人いるから別にいっか……くらいの感じでした。一般的なゲームに比べれば遥かに薄いに決まっているのですが、前作の「2」に比べれば満足度は高いです。

ダウンロードコンテンツで新規シナリオを導入していくやりかたは賛否両論あると思いますが、僕としては大賛成。ストーリー内容も「あ、観てみたいなー」と思えるくらいの求心力があると思ったので、なんら問題ないんじゃないでしょうか。

 

アイマスゲームに重厚なストーリーを求めるほうが間違っているのではないか……と思ってしまう人間なので、ストーリーに関しては鼻から期待してませんでした。正直もっとしょうもないストーリーが続くと思っていたので、むしろ思っていたよりもよかった……くらいの感じはしますね。

 

ゲームシステム

細やかな仕様の変更が嬉しかったですね。かなりユーザーフレンドリーなゲームになったのではないでしょうか。2にあったダルさはほとんど解消されたように思えます。

毎回レッスンをやらなければいけないダルさも回数を減らすことで解消。更に金の力でそれすらもみ消すことができます。これは正直ありがたい。

2ではレッスンのダルさが強烈に思い出深いので、これがなくなっただけでもストレスフリーなゲームができるようになりました。

 

ライブ面にかんしても、曲の終わりが上のほうにカウントされるという点もかなりありがたい。2は終わりが見えなかった為にどこで終わりのバーストをすればいいのかわからないからめんどくさい……という悩みがありました。

更にキャラごとにコスを変えられるのも地味にありがたい仕様。能力にバラつきがあるときや、見た目に飽きたってときにもさらっと変えられるこの点は素晴らしかった。

2から様々な変更がありますが特に嬉しかったのはこの2点だなあ。

 

コンセプト「ワン・フォー・オール」

なにより褒めたいのはシステムコンセプトとゲームタイトルである「ワン・フォー・オール」がきちんと噛み合っていたこと。これは強く評価したい。

これは昔書いた自分の記事の文を引用させてもらうけど

個人的に評価したいのは「ワン・フォー・オール」というタイトルに違わぬシステムになっていること。

今回のアイマスはレベル制なんだけど、やっぱりレベルが高い子に比べて低い子は、あらゆる場面で足を引っ張りがちだし成果も出しづらいんだけど、その分だけレベルの高い子が同じユニットに加わることで、思わぬ強敵に勝てたりもする。協力しあっている感じが表現できていて、こういう点も凄くコンセプチュアルな思想のもと組まれていることを感じて凄く素晴らしい。

夏冬フェスとか全員が頑張らないと乗り越えられない仕様なんだけど、これは「ワン・フォー・オール」というコンセプトを一番体現していて、ひとりの成長で全体が成長していくのを如実に感じるんだよね。

ひとりの頑張りが、全体に還元されていく流れを見ると本当に「ああ、ちくしょう。いいゲームだぜ!」と手放しで賞賛したくなる。大丈夫だ。ドギツイ色眼鏡がかかっていることは僕にもわかっている

ただ適当に字面だけで「ワン・フォー・オール」とつけるのではなく、ゲーム内仕様をちゃんと副題に則って作るあたりに誠意を感じたし、こういう言及されてないコンセプトの補強が見られると、個人的にすごくグッとくる。

 

まあこんな感じ。ワン・フォー・オールというタイトルとシステムを結びつけることができたとき、自分の中でも「うおー!」とテンションがあがりましたね。

うん、ほんといいシステムとサブタイトルだったと思う。

 

バランス

まあアイマスと言っても、所詮キャラゲーではあるので……大して難しくはないですね。それは僕が2からやっていることによる慣れによるところがあるかもしれませんが、終始苦戦したところがありませんでした。玲音も別に強いと思わなかったしなー。最終戦の魔王エンジェルもあることだけ意識すれば大したことないしなあ。

もう少し敵アイドルがプレイヤーを殺しにきてくれるとよかったなあ……って。

 

2が面白かったのは「期間があるからこそ「ここで勝たないと後がキツイ」って思ってしまう精神的制約があったところ」なんですよ。だからこそ、何度もリトライしてバーストやアピールのタイミングを変えて無理やり勝っていったんですよね。そうしないと後半で無理が生じることが多いから。

でもOFAは期間がないから「今勝てなくても、だらだらやってたらいつかは勝てるでしょ」くらいの感じしかなかったんですね。ライブに対する作業感が若干強まったような気がします。

絶対勝つ! 相手のアイドルをぶっ潰す!くらいの気概でライブには挑みたかったなー。

成長させても気を抜くと相手に点数をひっくり返される! そんな感じの緊張感のある戦いがあればなーと思ってました。裏玲音も瞬殺だったので、拍子抜けしてしまいました。

基本的に作業を積み重ねることでクリアできることが多いので、できれば、作業でどうにかならないところがあってほしかったかなと思いました。

 

だって、これじゃあアイドルの力だけで勝ってるのと同義ですよ。

プロデューサーの工夫(=プレイヤーの実力)で、アイドルを勝たせてあげたいじゃないですか!!

そういうのがあればなーと思いましたが……難易度的にはちょっと不満足。

 

ダウンロードコンテンツ

これに関しては、本当に素晴らしいというほかないですね。

既存曲をどんどんとリリースしているわけですが、それにくわえて更に書き下ろしの新曲を追加。さらに個別曲を13曲リリースしてストーリーも加えるというのは大サービスというほかないですね。これは嬉しいですねー。買ってないけど。

しかも捨て曲レベルじゃなくて、ライブアンセムになるんじゃないかなーって曲も多くてびっくりしました。春香と亜美の曲がポップでいい。

 

他にもグリマスやモバマスのキャラを対戦相手として登場させるのも凄く素晴らしい。個人的にはかなり嬉しい措置。モバとかグリから入った人の琴線にも触れようとする努力には頭が下がります。

衣装も頑張ってるし、第何弾まで続けられるのかなーと期待してしまいます。

とりあえず楓さんが登場したときはなにも考えずに買ってみようかと考えています。

アイマスが商魂たくましいのはいつものことなので、値段に関してはまあ許容はしないけど、特にいうこともないって感じですねー。

 

トロフィー

普通にプレイしていればある程度はとれてしまいます。工夫が必要なほど大変なトロフィーもないです。プロデューサーレベル23だけ作業感はありましたが、他に関して概ね自然なプレイで自然と集まってしまいます。

このゲーム楽しんだなーと思ったくらいに、全部のトロフィーが集まっていた感じですね。

トロフィー厨としてはほぼ完璧なゲームですね。楽しく遊べてトロフィーも集まる。これこそが理想ですよ、理想!

 

まとめ

アイマスPならおおむね楽しんでやれるゲームだと思います。はじめてやる人もアイマスに慣れ親しんだ人も楽しめる仕様になっていると思う。

コアな人はどんなものでも文句を言うものなので、これは最適解じゃないでしょうか。正直これ以上のものを求めろというのは、いろいろと酷な気がします。「現在」のアイマスのひとつの集大成じゃないでしょうか。

765プロとしての総決算としても素晴らしいと思います。このゲームと映画で765を出し尽くすぞ! という気概が感じられました。

 

非常に楽しい時間をありがとう。

 

 

ちなみにこういう記事も書いてます

 

大層気持ち悪いから是非読んでください。

広告を非表示にする