読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

隣人をブチ殺す音楽集

アホ

 やかましい隣人ってムカつきますよね。

 

夜中なのに大人数で騒いだりしてると、殺意がモリモリ沸いてきますよね。

お前いつまでアンアンやってんだよクソがって奴いますよね。

なんかもう普通に生活音がうるさい人とかいますよね。

大家に苦情を入れても、なかなか沈静化しなかったりしますよね。

そのせいで寝不足になって、自分の生活を崩されるのってたまったもんじゃないですよね。

 

それ、なんとかしていきましょ!

この時代、やっぱり自分の力で物事を解決していくしかないんですよ。

……ということで、隣人が思わず謝ってくるような撃退用音楽を紹介します。

 

 

 Revocation の曲ならなんでもいい


Revocation "Deathless" (OFFICIAL) - YouTube

死ぬほど忙しないですね。

僕自身はメタル系の音楽はあまり聴かないのですが、この忙しなさは非常に重宝しています。

これが隣で鳴っていたら隣人は発狂しそうになること間違いなし。

Revocationはアルバム通して淀みなくずっとこんな音楽ばかりなので、一枚手に入れるなりレンタルするなりして準備しておくことを強くオススメします

これの低音をブーストさせて壁越しに流し続ければ、自然と隣の飲み会も終焉を迎えることでしょう。

 

実はRevocationですが、作業用BGMとしても非常に優秀で、ここまで忙しないとむしろ集中できてしまうのです。一度やってみてください。

ただし著しく個人差が出ます。

Deathless

Deathless

 

 

OGRE YOU ASSHOLE「フラッグ alternative version」


【MV】フラッグ(alternative version) - OGRE YOU ASSHOLE - YouTube

不気味かよ

オウガの中でもこの曲は隣人に対して永久リピート推奨です。

情事なんて確実に中断すること間違いなしですね。隣からこの曲が永遠と流れていたら怖すぎます。可及的速やかに寝てほしすぎる。

ただしオウガの他の曲だと効果が薄いので、この曲を永久リピートしましょう。知らない合図~とか流してしまえば逆にテンションをあげてしまいます。

 

confidential

confidential

 

後期のアルバムは撃退に用いることができる音楽が多いかもしれません。オウガは新しいことに挑戦しまくっていてカッコイイですよね。

 

これ書いている途中に思ったけど、ゆら帝もいいかも……ってことで紹介。

 

ゆらゆら帝国「午前3時のファズギター」


ゆらゆら帝国 − 午前3時のファズギター - YouTube

悶絶するほど騒がしい。しかしカッコイイ。

 慎太郎さんはどうやってこんな音を出しているのでしょうか。こんなギターの音は何年かかっても出せる気がしません。
そしてこの紹介でなにより素晴らしい点は、ゆらゆら帝国をよく知らない人間にとってはただ騒がしい雑音でしかないこと。
このギターが雑音で片付けられることに関しては、若干の憤りを感じないではないですが、聴きたくないときに流れる秩序のない音は暴力以外のなにものでもありません。
午前3時にやたらと騒がしい隣人には「キミがやっているのはこういうことだよ?」と知らしめてやりましょう。
ミーのカー

ミーのカー

 

名盤以外のなにものでもない。ゆらゆら帝国聴き始める人はこのアルバムか、3×3×3とかがオススメ。

 

QUEENWe are the champions


Queen - We Are The Champions - YouTube

これ隣で流れてたら地味にキツイ。

この「誰でも知ってるけど、全部歌えるわけではない系」の曲を流すのも効果的だと思います。サビは知ってるけど、そのサビすら全部歌えない……みたいなね。QUEENのWe are~ってそれの典型じゃないかな~とか思うわけです。

地味~にわかるからこそ、的確に集中力を削いでいける。雑音にさせないことで、相手を妨害する作戦ですね。

ただ飲み会時にかけると盛り上げてしまうかもしれないので、情事の際に用いましょう。

派生としてウルフルズサンボマスターなどがあげられますね。

 

Reel big fish「I want your girlfriend to be my girlfriend too」


Reel Big Fish- I want your girlfriend to be mine too - YouTube

たっのしい~!!って感じで、隣人の騒がしさに打ち勝つほどの騒ぎ倒してやりましょう。

そういうときはスカパンクが一番。僕はスカパンクと聴くと、真っ先にReel big fishのバカ共のことを思い出します。

隣の部屋でバカ騒ぎが行われているのならば、こちらもバカ騒ぎで対抗するまでです。

自室で可能な限りのでかい音で、相手の騒音に対抗し、更に踊り狂いながら奇声をあげてください。

おそらく隣人は次の日からあなたに対して「なんか怖いやついる」という畏怖の目を向けてくることでしょう。

そこで更に追い打ちです。

 

「あの、あのあのあのあの、夜うるさいので、うるさ、うううう、うるさいので!!! あああああああああ、うううううう うるさいので!!!!! もう、ほんと、うるさいなので!!!」

 

と、やたらと身体を小刻みに動かしながら超至近距離まで接近して、それなのに決して目を合わせない感じで言い放てば、確実に隣人は毎日静かに暮らしてくれることでしょう。

僕だったら、隣人にそんな人がいたら5日くらいは家に帰ろうとしないでしょう。

飲み会も情事もこれで木っ端微塵にしてやりましょう。

 

まあなによりこの曲「I want your girlfriend to be my girlfriend too」って

「お前の彼女、俺の彼女にしたいんだけど」

って意味だから、むかつくカップルの隣がいるときに、それとなく流すことにも効果的だ!

 

まとめ

本当はこんなことせず、隣人も自分も静かに生活することが一番なんですけどね。

マンションやアパートとかはみんなで使ってるものなので、互いが住みやすく配慮するべきだとは思うんですよ。

深夜の飲み会は控えるなど、いろいろ配慮しましょうよと言いたい。騒がしいことがしたいときは、適切な場所に行きましょうよ……と言いたい。

隣人にも生活はあるので、やっぱそこは尊重しあって生きていくべきじゃないですか。

もちろん、人それぞれ生活時間とかは違うので、いろいろと難しいところがあるかもしれませんが、なるべく想い合って生きていきましょうよ!

 

ただ、それができない人間にはきっちり制裁を加えることも大切だよね

ってことで……みなさん音楽を用いて、快適なライフを送ってくださいね!

 

ですが、この音楽をかけて起こった事件、事故に関しては僕は一切の責任をもちません!

広告を非表示にする