読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

アオハル感想シリーズ「昇る朝日にくちづけを・TNSK・感想」

 

アオハルコミックの昇る朝日にくちづけを読みました。

昇る朝日にくちづけを (ヤングジャンプコミックス)

昇る朝日にくちづけを (ヤングジャンプコミックス)

 

アオハルコミック感想第3弾ですね。1弾と2弾はこちら。

 

 

餅巣菓さんのほうは、イシデ電先生に読んでもらったことが本当に嬉しかったですね。感想ブログやっててよかったなあ……と心の底から思いました。

制服魔法のほうは非常に内容のない感想になってます。作品に導かれました。

 

 

感想

個人的にTNSKさんには凄く注目していて、単行本が出たときもすごく素敵な表紙だったので、これは是非手に入れたいな! と強く思っていましたね。表紙の吸引力でいえばアオハルコミックの中でもかなり上位じゃないかな?

透明感が素敵な表紙です。

風土歴史に関して下調べを綿密に行っているんだろうなーというのが伺えて、好感度高い漫画でしたね。時代感を嫌味じゃない感じに出していて、よかったんじゃないかな。

しかしまあアオハルコミックってことで、中身は青春……っていうよりは「青さ」が際立つ内容になってます。

青臭い人間だからこそ起こした過ちと、青臭い人間だからこそ得ることのできた希望がある漫画だと僕は思いました。

 

今作は短篇集ということで、話ごとに感想を書いていく形態にしようと思います。

 

忘月夏

「その秘祭には遥か昔に~歴史があるらしい」という2ページの説明と「土着信仰」という言葉で、ぼんやりとしていた物語の輪郭をくっきりとさせたのはすごくよかった。妙なリアル感が滲み出ていたと思う。

この2ページの説明があることで、すんなりと先の展開での「やりたいこと」がわかる。「禁忌」に触れるような出来事があるのかな……と自然と読者が想起できるような配慮だと思う。

この効果で、漫画全体が途端に不穏になる空気に背筋が伸びる。それまではどこか陰がありつつも、匂わせるだけだったのだけれど……この2ページを経たあとは漫画全体の空気がガラリと変わる。

 

「やっぱり終わりにしよう、お前の気持ちも俺の気持ちも 全部ここで終わらせよう」

 

この言葉、どちらに放った言葉なのか……と考えるとより物語が混沌とします。まあどう考えても文脈的に千代だと思うのですが。じゃないと告白のシーンの「忘れた」や「千代ちゃんは千代ちゃんだろ」の言葉がただの言葉になってしまう。

「さよなら」を言い切れない小春の弱さと、それでもいいと受け入れてしまった千代の脆さ。

互いが全てを理解したうえで、至ってしまった結果……というのは、ありがちではあるのですが……仮面という要素と先ほどの風土文化描写のおかげでそれほど鼻につく感じはしませんでしたね。

 

腕の中の「何か」は大切な「誰か」に変わったはずなのに……見開きでは「じゃあ俺はいったい『何を』抱いているのだろう」というところがミソ。

千代でも真子でもなく「何を」というところで「あ、センスあるなー」と唸ってしまいました。

このあたりのコマや吹き出し、洗練されていて凄くグッときました。

免罪符という言葉が、先ほどのキリシタン等の説明により、突発的な言葉にならずにきちんと効果を発揮しているところが非情に素晴らしい。これは上手いなー。

 

「私は真子姉ちゃんの代わりなんじゃ」に対するアンサーとしての「今度は私に会いにきて」というセリフで、この作品はある種の救済の物語だなと思った。

全てを分かった上でこのセリフを言う千代。何気ないコマでの「私も大人になる」「私もう大人じゃけえ」がじわじわと心に沁みてくる。

 

 

鬼火の夜

おお、わかりやすく漫画が上手くなってると感嘆してしまった。何様だ。

モノローグとフキダシのバランスがいい。回想から現実への流れも美しい。

こういう話はどうしても弱いんですよね。手放しきれない夢を抱え、夢を遠ざけようとして、見えなくなるようにしてもそれでも……みたいな話。

 

この作品のキーとなるのは「あいつがガキなら私はもっとガキなのかも」というところだと思います。

「夢」を「思い出」に変えてしまおうと……「大人」になってしまおうと、する釉が最後にキズつかなかったのは「大人にならなかった」ということ、というふうに捉えているのですが……いかがでしょうか?

素太も子供なら釉も子供だし、一緒に大人になっていく物語と捉えることもできそうです。

 

ひとりの夢ではなくなった……というのは、いい帰結の仕方だと思います……が、忘月夏の口内に異物感が残るエンドのほうが僕は好みですね。

 

ただちょっと引っかかるのが、素太のバイクのことなんだよなあ……。金ないんじゃないの? なんでバイクなんてもってる余裕があるの? って思ってしまう。

学費が惜しいくらいに切迫している状況下で、姉想いの素太がバイクをもってるってのが……なんかなあ……。ちょっと納得いかないですね。田舎世界だから、バイクがないと不便だから元から所持してたとか? うーん、ちょっと無理があるかなあ。それならばボロい原付を使ってるほうが良かったかも……?

 

素太からの姉への愛おしさがあまり感じられず、シチュエーションと関係性だけが先行の話になってしまったのがもったいなかった……とも言えるかな。

たぶんそのあたりを端折って物語をつくるタイプの人ではないと思うので、もっとページがあれば確実に言及しているんじゃないかなーと思った。

 

 

昇る朝日にくちづけを「黎明編」

映画みたいな頭入りに「おー」となった。映像的な表現が増えてきていて、技量の高まりを感じます。素晴らしい。

頭の洋介と同業者の何気なく伏線を張りつつも、時代背景をさらりと説明する導入会話に「うひょー名作の予感」と息巻いてしまいました。こういう何気ない良さがあるとテンションがあがりますね。

ただ「よっぱら」とかそういう時代背景を出す言葉とか、その土地ならではのものを出そう、という考えが透けて見えすぎるのはあんまり好みじゃないですね。背景やキャラ造形だけで雰囲気が出ているので、むしろ気になって物語への没入を妨げるのではないかな……と。

「※」って否が応でも現実に引き戻される感があります。これがなければあるいは印象も違ったかもしれません。

 

 

「その頃毎日の飯すらままならない自分が これ以上なにを言えただろう」

というセリフに胸が詰まった。

男という生き物は自分の不甲斐なさにめっぽう弱い。

特にこの時代、この職業ということを加味することで説得力が増す。簡単に臆病になってしまう気持ちに酷く共感してしまった。

 

そしてそんな状態でありながら、大好きな人を奪っていった人に生かされている状況。それでも親しくしてくれる大好きな人と、それ以上の進展を望むことのでいない閉塞感。それでも何かを期待してしまう徒労感。

これは男だからこそ「あぁ」と溜息が出てしまうような感情の揺さぶりだと思います。いや男とか関係ないのかな?

強烈な喪失感を味わいながらも、それにしがみつけるほどのみっともなさをもてなかった人間なら、このシーンで強烈に心が揺れるのではないでしょうか。

村が過疎化し、男たちが離れていきながらも、村に暮らし続け……松と共にいながらも彼女を手にすることのできなかった洋介の感情がクリティカルに心に刺さりました。

 

最後の展開は予想通りではあったのですが……魅せ方がいいですね。

洋介に拒絶された日から、松の長い夜が始まっていた。洋介がこないと松の夜は明けないからこそ、出会いはいつも「おはよう」だったし、久しぶりに出会ったときに思わずでた言葉は「今日の夜は永かった」になってしまう。

その中での最後のセリフ「今は朝日が少しまぶしい」というセリフのあとの「朝日の遮り方」までの流れが良い。

まさに黎明編といったところです。不思議と後味の悪さは感じず、むしろここで救われていたりしたらがっかりしてしまったところです。

暁編と曙編があるのとないのとでは、この作品の読後感は違うんじゃないかな。

アオハルで読んだときは「おーこれ賛否両論きそうだ」って思ってました。

 

昇る朝日にくちづけを「暁編~曙編」

うおおお、めっちゃ絵が上手くなってる。

しかもかなり僕好みな感じに。しかも頭三コマで先生の人間性を伏線に出すとか、やっぱ上手いなー。この漫画、単純に上手いなーと思うことが多いです。

オタクみたいなのが3万片手にもじもじしている吹き出しなしの小コマでも、ちゃんと一目で状況が伝わってきたし、先生の過去にどんな煩わしい雑事があったのかが窺えるところとかいいですよね。

先生の名前を紹介するところとか、何気なく頭で隠しておいて、最後にさらっと登場させるところとか、いちいち上手い。

 

 

話の流れとしては、それほど意外性もなく……というと語弊がありますが「昇る朝日にくちづけを」というタイトルを踏襲した形の最後になりました。

黎明編での「朝日の遮り方」をフラッシュバックさせるような「久しぶりに目を開けたからかもしれない 朝日がすこしまぶしい」のセリフからの見開きは「うおおおお」って感じですよね。

目を閉じていても「朝」を迎えられる……という手法でのあのシーンは、非情にクサいはずなのに、すんなりと受け入れられたのは物語に不自然さがないからでしょうね。

ややご都合主義的な展開はありつつも、読後感は非情に素晴らしいものでしたので……こまけえことは(略)って感じです。

この物語を語るのは野暮な気がするので、これくらいにしておきます。

 

大団円、とまではいかないあたりが「生活」を感じられてよかったです。全部が全部大ハッピーだぜーという、海外映画みたいなのはやっぱり僕は苦手だ。

 

 

まとめ

で、この物語なんですが……全体的に「目を背ける」ということが裏テーマにあるんじゃないでしょうか。

忘月夏は恋人の死から目を背けて

鬼火は夢から目を背けて

黎明編は大好きな子との現実から目を背けて

暁編と曙編では自分の感情から目を背ける……ってな感じに。

TNSK先生の作品に限らず、短篇集ってのはその作者が深層に考えていることがひっそりと表現されているのではないか……と思うわけです。

そういうところも短篇集のいいところかな……と思いました。

 

TNSK先生及びアオハルコミック作者様の次回作にすごく期待しています。

 

余談……いやむしろ本談

えー、確認はとってはいないのですが、おそらくですね……TNSK先生がですねこのブログをご覧になっていたみたいで……このブログに関して言及なさっていましてですね……えーそれを……はい、畏れ多くも載せたいと思います。

 

本当にありがとうございます。

こういうことが起きることは、漫画読みとしての幸福なんですよね。

少しでも描いた作者に近づけた、繋がれたと思うとね……もうホント嬉しいんですよ。

僕が感想に込めるものは、結局のところすべて愛なんですよ。

好きも嫌いも全部言い尽くさないと駄目だ、って思ったものしか長い感想なんて書けないんですよ。

 

……まあ、そういうことです。

広告を非表示にする