読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

腹筋崩壊「近キョリ恋愛」

 

近キョリ恋愛の1巻を読みました

近キョリ恋愛(1) (KCデラックス 別冊フレンド)

近キョリ恋愛(1) (KCデラックス 別冊フレンド)

 

 なんでまた突然少女漫画を? と我ながら思うのですが、簡単な話です。入院中の病院に置いてあったのです。なぜか1巻だけ置いてあったので……暇すぎて読んだのです。

 

少女漫画は時としてギャグ漫画を超える

この近キョリ恋愛ですが、病床で読んでいたのですが……

めちゃくちゃ笑いましたね。

病室で爆笑するくらい。

 

いやいや少女漫画で爆笑? と思われるかもしれませんが……少女漫画はめちゃくちゃおもしろいんです。

なぜならナチュラルに気が狂っているからです。現実に置き換えるとどう考えても気が狂っているとしか思えない行為が作中だと、実に普通の行動として、普通の心理として描かれることに笑えてくるのです。

この作品も歯が浮世離れしそうなくらいのくっせえセリフが横行するわけですが、それに対してときめく登場人物をみるとなんかもう……たまらなく面白いんです。お前実際それ言われたら横面弾き飛ばすだろ……というセリフがどんどん出てくる。それが僕にとってはたまらなく笑えてくる。

 

なんででしょうね。普通に読める少女漫画ももちろんあるのですが、なにかこうスイッチが入ると、もうギャグ漫画としか読めなくなってしまいます。

質の悪いギャグ漫画よりもよっぽど面白い気がします。同じ場所に置いてあったボボボーボ・ボーボボ4巻はくすりとも笑いませんでしたが、近キョリ恋愛はずっと笑っていましたね。

 

特に一番笑ったシーンは、教壇の下に隠れているヒロインとキスするシーン。

f:id:sichisichi49:20140928042048j:plain

背骨折れてるだろ。

いやあこれはホント笑わずにはいられなかった。病院だから笑っちゃいけないという制限も加わり、本当に腹筋が壊れるかと思った。

一目観た瞬間から腹がよじれるかと思うくらい笑いました。

僕、腸の病気であんまり腹を動かしちゃダメなんですけどそれでも耐えられませんでした。なんですかこれ、本当に……。もうなにがどうなっているのか一ミリも理解できないこのシーン。ツッコミどころが多すぎます。

なんだその骨格!!とか、いやそもそもお前どのタイミングで隠れたんだよ!お前このあとどうするんだよ……とかもうとにかく話を盛り上げる為には些事など捨て置くわ!!という気概が見られて笑ってしまうんですよね。

 

いやあ、是非この調子で突っ走ってほしい漫画でしたね。

後半はやや常識的に落ち着きそうな空気があったので、さっさとネタが切れて意味不明な展開になってくれないかなーと期待するばかりです。

アイアムアヒーローは続きが気になりませんでしたが、近キョリ恋愛はむしろもっと読みたいなと思える謎の魅力がありました。

やっぱり少女漫画最高です。

 

っていうかこの漫画、映画化されるみたいですね。

大丈夫なのかしら。是非先生役の方には背骨を大事にしてほしいもんです

あのシーンが再現されているのなら劇場で観たい気もします。

更にびっくりなんですけど……サカナクションが主題歌なんですね。

もしかして結構真面目な展開になっちゃうんでしょうか。心の底から爆笑できる映画にしてほしいんですけどね。でもまあ……恐らく真面目な話になっちゃうんだろうなあ。

 最近シングルにDVDつきすぎ。

 

まとめ

なんで僕がこんな思考……というか読み方をするようになったかと言うと、100%架神恭介先生の影響なんですよね。

先生の著書であるこれを読んでから、もう少女漫画をそういう目でしかみれなくなりました。

少女マンガから学ぶ恋愛学 完全恋愛必勝マニュアル

少女マンガから学ぶ恋愛学 完全恋愛必勝マニュアル

 

 これは良著なので、是非これは図書館で借りるなり買うなりして一度読んでみてください。

これを読む前と後では少女漫画に対する読み方がまったくもって変わってしまいます。少女漫画に対して狂気を抱くようになったのは間違いなくこの本の功罪だと僕は心の底から思います。是非。

 

あれ、なんか最終的に架神先生の本を褒める記事になってしまった。

まあいいか……ってことでとりあえずここで締め。特にオチもなく終わる。

 

広告を非表示にする