読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

ラブライブ全話視聴ー後編ー「僕はアイマスプロデューサーだから」

ということで……ラブライブ1期を全部みたので、全話視聴感想を書きたいと思います。

 

ちなみに前編はこちら

ラブライブ全話視聴ー前編ー「バカはトレジャー」 - 読者には誤読の権利がある

 

前回と同様に、細かい描写は省きます。

アニメ観ている方だと「あーあのシーンのことかな?」というのがわかる感じだと思います。初見の方はおそらくよくわからない文章かと。

ツイッターでアニメ実況している様子が文章にされていると思っていただけると、ニュアンスが掴みやすいかもです。

前編を読んでからのほうが、割とわかりやすいかもしれません。

読むのだるい人は最後にある「まとめ」のトピックだけ読めばいいかもです。

 

長いんで続きを読むに格納しました。

 

 
第7話

今回は勉強会みたいですね。

基本的にこういうのはダメになった試しがないので、どうでもいいっちゃあどうでもいいのですが……。

ニコちゃんが立派なネタキャラとして昇華されていく様を観るために、このアニメを見続けているような気がする。

f:id:sichisichi49:20140908223205j:plain

 

若手芸人みたいなアイドルですよね、彼女。

この画像いいわあ……遺影の写真みたいで。

 

……

…………

………………

 

f:id:sichisichi49:20140916233800j:plain

ニコッ!!!(苦情等は一切受け付けません)


ついにマキのタメ口が言及されてホッとしました。先輩への無礼はダメです。

学園モノにありがちな勉強回でいつも思うのですが、なんで赤点取ると学園行事に参加できないんですかね?

別に学業だけが学校に通う目的ではないはずですし、廃校するっていうのならそれこそどんな活動も基本的には容認してあげるべきなんじゃないでしょうか。

僕が彼女たちと同じ立場だったら、廃校になるうえにそれを立て直す努力をしようとしているのにそれを無碍にしようとするとか一体何様なんだよと思ってしまいます。
理解はできるが納得はできない、って感じですかね。

こういう類のアニメにマジツッコミするところが僕のよくないところですね。

マキと凛が百合百合していてなんだかすっごくいいですね。


「ニコの勉強担当はウチがやるわ」と突然言い出したのぞみさんに吹き出してしまった。
のぞみさんが突然入ってきて会議の内容把握している姿が、
「あ、外で中の話聞いていて入るタイミング伺ってたんだ」
と思うと……楽しくなっちゃいますね!!!!!

暇なんですかね!!!!!

あなた受験生ですよね!!!!!??!!?!?!?



勉強シーンでの凛の「あ、白いごはんだ!」というフェイクに対しての
かよちゃんの「炊きたてなのかーっ?」が今のところ一番笑ったシーンかな。

f:id:sichisichi49:20140916232414j:plain

このアニメは基本的に頭が弱い子ほど可愛いです。



巫女のぞみさんがえらく可愛いです。やはり巫女は最高です。
僕の萌え属性は1位がメガネで2位が巫女です。
だからなんだというわけではないですが、つまりそういうことなんです。

6話くらいで全員揃って活動開始ーって感じだと思っていたんですけど、
どうやら10話くらいで揃って、あと3話でライブシーンを大放出って感じでしょうか。
まだいくらか回収してない伏線があるので、全部回収できるのでしょうか。
別にしなくてもいいな、と思えるのがこういうアニメの特徴ですが。
なんかこの回の作画好きでしたね。
シャープで綺麗な感じがする。気のせいかな?


第8話


無言でカードをぺらっとみせるのぞみさんで爆笑してしまった。

f:id:sichisichi49:20140916234054j:plain

一ミリも冗談を言っている顔ではない。なんだこれ面白すぎるだろ。

是非友達になりたい逸材だ。

あ、やっぱりアルカパを学校の特色として紹介することは誰か考えたんだな……。
実際問題、アルカパ学校で飼育しているってテレビで紹介されるレベルだよな……
と思ったけど「アルカパが学校にいるから入学したい!」って思う人はおそらくいないよな。
いてもきっとろくでもない奴に違いない。
きっとカード占いとかで人を説得しようとする輩とかに違いない。

今の年齢になると「学校の歴史」とか結構興味深いんだよなあ。
調べるとどんな学校でも結構とんでもない歴史がぽっろぽろ出てきて、
細やかなところ調べるとかなりちゃんとした見世物になると思うんだけどな。

学校に在学中の方は図書室にある学校の資料とか調べてみてください。
かなり面白いことが書かれていることが多いです。

ただ、やっぱりそれを知ったからといって入学したいかと問われれば
まあ……ねえ?

そういう感じになっちゃいますよね。

 

ってことでさらっとエリーチカちゃん加入。

若干拍子抜けした感もありましたが、なんかやたらと引っ張られても面倒だなーと思っていたので、このさくさく感は悪くないんじゃないでしょうか。

たまこまーけっとくらい事件が起きないアニメが僕は好みなので、みんながギスギスしたりいがみ合うのはできれば避けたいんで、僕的にはこのさらっと終わる感じはありかな。

ぶっちゃけエリーチカちゃんの言ってることも学校が言っていることも筋がまったく通ってないから、終始「何言ってんだこいつら……」と思ってたし、この話がだらだら続くようだと切っていたかもしれません。よかったよかった。

希「星が動きだしたみたいや……」
のぞみさんはいつでもキレッキレですね。最高です。
のぞみさん加入する理由すらカードなのがもう最高すぎますね。

ライブシーンいいですねえ。わくわくします。
スクールアイドルのローカル感はひらすら巨大化していくアイマスとの差別化されていて、これはこれで楽しめますね。
きちんと被りがないように配慮がされていて、新しいコンテンツとして売りだしていく気概が感じられます。
そりゃ確かにラブライブに夢中になる人がいるのも頷けるわ、という感じです。


第9話


小鳥回かあ。

ちゅんちゅん可愛い小鳥ちゃんも、どちらかというと頭が弱い子なので好きです

f:id:sichisichi49:20140916235222j:plain

好きです。


いまだにOPを飛ばさずに観てしまうのは凄い。
繰り返し観るOPで飽きを感じさせないのは、ちょっと凄い。
絵がぬるぬる動いて、カット変わりが多いと1回見ただけでで把握できないんで何度も観ちゃうんですね。
OPとしては理想ですね。

なんかようつべ貼ろうと思ったんですけど、お住まいの地域では見られないとかぬかしやがるので皆さんは皆さんで買うなりようつべするなりで観てください。

僕はトルネに一話だけ残すことで対処します。ちくしょう。


順位ってそんなポンポン上がってくもんなのか。

なんかミューズってついこのあいだに結成されたイメージがあるけれど……スクールアイドルの敷居がやたらと低いのか、彼女たちが実力者揃いなのかがいまいち掴めない……。

ミューズ以外のスクールアイドルの様子が描かれていないので、それが大変なことなのかもいまいち伝わりづらい感じしますね。
まあ上がってかないとお話にならないので、そこ突っ込んでもしょうがないですが。



自分たちの知らないうちに、自分たちの写真が使われたグッズが売っているってどういうことだ。
この世界には肖像権とか商権とかないのか
スクールアイドルって営利活動してもいいのかな……?
とか疑問が生まれ始めたけど、ツッコむのは無粋ですね。スルスルスルー。

というかこのことから、スクールアイドルってそれなりの規模を誇るサブカルチャーって認識でいいのかな? 少なくともメインストリームではないよね?

たかだか学校に属する女子達がやってるアイドルグループが世間のメインストリームになったら世も末だろと思ったのですが……昨今なにが流行るか本当にわからんからなあ……。



小鳥ちゃんの声が可愛く思えてきた。
「チョコレートパフェ、おいしい」って場面とか可愛いよね。
っていうかめっちゃ好みのような気がしてきた。

しまった。凛よりも小鳥ちゃんのほうが可愛く思えてきた。
きゃんきゃんうるさくて好みくさいです。

f:id:sichisichi49:20140917000211j:plain

やはりこの世界は頭が弱い子のほうが可愛い法則があるに違いない



第10話


先輩後輩が廃止された……っ!!
校内アイドルという環境がつくる上下関係が消失した……っ!!
まあいっか。ちょっと可愛いし。
アイマスは年齢で上下関係を出していましたが、
逆にラブライブは先輩後輩の垣根をなくすことで差別化を図ったのかな?

ニコの「しゅぱ~つ」が妙に可愛かったです。
どんどん感想がしょぼくなっていく気がするが気のせいだと思いたい。

これまたちょっと「ラブライブ飽きてきたなあ」と思うころに水着回の投入。
それによって10話の視聴は確定されたも同然。
そして10話までみたら「もう切らなくてもいいか」という思想に陥りやすい。
13話のなかでフックを用意しておくことはやはり大事ですね。

もうニコちゃんが立派な汚れに昇華した。
最高だ。僕はニコちゃんにこれを求めていたんだ。

きゅうりパックとかマジで若手女芸人じゃないですか。

まっさきに枕投げで倒される潔さも芸人そのものです。


それにしても基本的にラブライブは作画綺麗ですね。

のぞみの「お日様からたっぷりパワーもらおか」ってだけでもう笑えてくる。
可愛いのは、小鳥や凛だけど、好感度が高いのはニコと希だ。

観ているだけわくわくしますwwwwwwwwww

あとエリーチカちゃんの「ハラショー」っていうのは、キャラ付けとしては失敗していると思うんですけどいかがでしょう。

なんすかハラショーって。いくらなんでも雑すぎるでしょう。

 

第11話

講堂使用許可を得るためのくじびき大会が行われて、そろそろ終盤を匂わせてきました。

くじびきですが、もう引く前からわかりますよね。ダメな奴だこれ。

ニコが引く時点でダメなやつだ。



……やっぱり。

ほらダメだった……。

 

f:id:sichisichi49:20140916233800j:plain

ニコッ!!!(苦情等は一切受け付けません)

 


ほのか「屋上でライブすればいいんじゃないかな!?」
ルーフトップ・コンサートってわけですか。ビートルズですね。

ほのか「大丈夫だよ! できるよ!! 今やらなきゃダメなんだよ!!」
なんかブラック企業の社員みたいなこと言い出してる怖い。
ブラック企業っていうか、和民やすき家の社員みたいな……。

ほのか「小鳥ちゃん? 大丈夫じゃないかなあ? いつもと変わらないけど」
なんかブラック企業の社長みたいなこと言ってるううぅぅぅ……。
体調を崩して限界きてる社員の顔色に気づかない社長みたいなこと言ってるぅぅぅぅぅ。

……そしてブラック企業の社員自身が限界を迎えるわけですね。

ほのか「できると思えば、なんだってやってこられた!!」
ダメだ。

全部そういう感じにしか聞こえなくなってきているw

ラブライブの曲って大声感が強い曲が多いですね。非常に言語化しづらいのでこういう言い方になってしまいますけれど……なんか喉を開く曲が多いというか。

昔のモーニング娘。と同じようなものを感じた。合唱感の強い曲が多い気がする。90年代調のものが多い感じがしたな。個別曲はまた違うんでしょうけど。
サビで突然アッパーになる感じがする。いい意味で素人臭くて、コンセプトと合致してていいんじゃないですかね?
アイマスはもっと古臭い匂いがするんですよね。THEアイドル曲!みたいなのは、アイマスのほうが強いですね。


第12話


……あ、そういえば学校存続が目的だったんだよな。忘れてた。

ニコちゃんが可哀想な目にあっているだけで僕は幸せです。
白米にむさぼりつく女子高生とか最高すぎますね。
やっぱり僕、おいしいもの食べてる幸せそうな女子が大好きなんだなあ……。

光り輝くアイドルの世界よりも、近くにいる友人を大事にしたいという感情の向かい方はスクールアイドルを主体とするラブライブならではなのかな。

アイマスだったら「それでもアイドル活動が大事」って方向にいきそうな気がする。



サークルクラッシャーほのか

そんな単語が僕の頭の中に浮かんだが、あまりに無粋すぎた。

まあちょっとだけ真面目に書くと……ほのかはあくまで目的の為にスクールアイドルという手段を用いたわけで、その目的がなくなったいま、自分を厳しく律したりギスギスした空気の中にいる必要性を見つけられなくなったわけですね。

ので、まあこの流れはそれなりに納得できるものだと思いました。

目的と手段で考えるのは僕の癖なのですが、考え方がぴったり合致したのでこのシーンはあまり思う所がありません。

「ああ、まあそうなるんじゃん?」くらいの感じですね。

 

書くべきことがあまり見当たらないなあ、というよりなにを言っても無粋担ってしまう感じがして感想が書きづらい。

あと単純に僕が疲れてきているというのもある気がする。連続で観ているせいで、いくらか集中力が落ちている気がする。やっぱりアニメは毎週コンスタントに観るべきだと僕は思いますよ、ええ。
今更言うなって感じですが。

あと1話!


第13話


1年生達にアイドルを続けないかと迫るニコが一番好感度高い。
やっぱニコいいなあ。
ホントアイドル好きなんだなーって素直に思える。
ミューズが分解しても、持ちえる手札を揃えて戦い続ける姿勢はホント好きです。

ほのかに対して発破をかけるニコちゃんは本当にいいな!!
僕の理想の女の子は、悩んでる僕に対して「そんなに悩むくらいならやめちゃえ!」って言ってくれる女の子なんですよね。
ニコちゃんはまさにそんな感じで本当に心の底から好みですね。

彼女がいたからこそこのアニメを見続けたといっても過言ではない。

 

個人的にこのアニメにオチがついたので、もうあとは蛇足ですね。

どうせ小鳥が戻ってくることはわかってたんで、展開的には大して驚きはないなーって感じですね。

ここで「じゃあ全員でフランスの学校に編入してそこでラブライブ目指そう!」ってオチになったら大絶賛してたけど、まあないよなあ。


フライトに間に合うんだ……空港と学校近すぎないか笑

最後はびっくりするくらい予定調和な感じで大団円ですね。
有名なデザイナーの話を断る理由って難しいよなあと思ってたんですけど、
ほのかに対して「お前はそれが言えるほどわがままだろ?」という解法はそれはそれで斬新だなと思いました。ある意味、驚かれました。なんだかんだ「それよりも大事なものがあるー」って小鳥が言って引き返したりする一ミリの捻りもない終わり方をすると思ったのに……。
気を遣っちゃうことりが自分からアイドルやります!って感じには不自然さがあるので、ある意味一番暴力的なレベルでスマートな終わり方だったと思います。

最後にほのかの目的と手段が逆転して「わたし踊るのが好きだし、歌うのが好き」という落とし方も、いままでの流れを含みつつも原点に戻るというオチでなかなか綺麗だなーと思いました。

 

ただ、やっぱりラブライブってニコちゃんの為のアニメだなという考えは最後まで捨て切れませんでした。

彼女完全に主人公だもん。

 


まとめ

さて、話題のラブライブを全話視聴したわけですが……まあどうなんですかね……この作品は……なんて言えばいいんですかね。

やはり僕は生粋のアイマスPなので、どうしてもアイマスと比べざるを得ないのですが、アイマスとくらべても遜色がないくらい頑張ってる作品だと思いました


アイマスという存在はアニメ開始から既にモンスター級の人気を誇っていました。
曲数もありえないレベルで揃ってるし、既にそれぞれに固定のファンがついている。

それに25話という尺があり、個別のシナリオもたっぷり描ける。

アイマスのアニメ化成功はほぼ約束されていました。
アイドルアニメとしては唯一無二の存在になったでしょう。正直、二次元アイドルで彼女たちに対抗するのはちょっと無理臭い感じがしてしまう。

しかしそこにラブライブ!は立ち向かった。それだけでももはや賞賛に値すると僕は思う。簡単に潰される可能性だってもちろんあった。しかしそれでも立ち向かった。それが既に素晴らしい。

ジャンプに海賊漫画を持ち込むのと同じくらいの蛮勇だと僕は思う。

 

しかしラブライブアイマスとは少し方向性を変えて、スクールアイドルという新しい概念を持ち出し、土壌を少しずつ変えて対抗する。

キャラのアイドルに対する考え方や、作中のアイドルがなにを目指すかを明確にしてコンセプトを打ち出していき、アイマスとの差別化をはかり……見事成功したところは凄いなと思いました。

それでいながら奇をてらうのではなく、王道的な話を打ち出していったのも好感度が高かったなあ。アイマスすら食ってやるぞくらいに曲やアニメーションに凝っているのも凄くよかった。曲やアニメに自信があるからこそ、直球勝負に出たんでしょうね。

キャラと曲と良質なアニメーションがあれば、前線に立てるという現在のアニメ界の象徴みたいな作品だと思います。

頑張っているアニメをみると応援したくなりますね。

実際ラブライブがアニメとして良質かどうかというのは、また議論があるとは思いますが……それでも楽しめるアニメとしてはラブライブは悪くないんじゃないでしょうか?

頭使わず気軽に「たのしー」と思えるアニメも大事だと僕は思いますよ。

面白かったですラブライブ

 

でもやはり僕は生粋のアイマスPなので、やはりアイドルマスターを裏切れないです。

それは僕のPとしての矜持でもあるわけで、こればかりは譲れません。

ラブライブがどれだけ素晴らしくても、Pとしてアイドルを裏切ることはできないのです。

すみません、ラブライバーの皆さん。

僕はアイマスプロデューサーなんです!

 

 

 

じゃあちょっとまあスクフェスが忙しいんでこれくらいにしときますね。

 

 

 ちなみに「まるだし」という名前でやってます。

かなり楽しんでやってます。SRが出ると普通にガッツポーズします

でもやっぱり貴音が一番可愛いです。

広告を非表示にする