読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

一週間のこと「盗まれた原付帰ってきました」 2014.09.08~2014.09.14

 

早くも億劫になってきたこの一週間をまとめるやつ。

体調も関係しているとは思いますが、心の底から面倒です。

しかしそうも言っていられないので、さらっと書きますさらっと。

 

月曜日「ラブライブライフ」

もう完全に憶えてないんですけど……なにしてたかなあ。

あ、原付が見つかったんですよ。でもこの時点ではまだ回収でいてないです。

仕事はそれはもうテキトーに済ませているとして、自分がなにをしていたのかさっぱり思い出せない。とりあえずいつもどおり人生に悩んでいるフリをしていたとは思うのだけれども……ああ思い出した。

書いた記事を見てたら思い出した。


ラブライブ全話視聴ー前編ー「バカはトレジャー」 - 読者には誤読の権利がある

 

ラブライブ観てたんだった。大分しょーもないな。心の底からしょーもない。

だがラブライブはそこそこ楽しめたのだった。詳しくはリンク先の記事へ。

これ後半も全部観たんだけど感想書いていたパソコンがクラッシュしてしまったので、どうしたもんかな……と考えている。

結構な文量書いたので、もったいないからどうにかサルベージしたいと考えているけれど……どうしたもんかな。

とりあえず僕は生粋のPなので、ラブライバーに染まることは許されざる身なのですが……二期録画しとけばよかったと激しく後悔しています。

 

そういや初めて100RT以上されましたよ。びっくりしたー。

これを見て思ったのが、ツイートがリツイートされることは内容の面白さよりも琴線に触れる母体の数が多いことのほうが重要なんだなあ……と思った。そりゃ面白いことは大事だけれど、そもそも観ている人間がそれなりの規模を誇るだけでRT数なんて勝手に膨れ上がるんだなと思った。

1000とかいこうと思ったら精錬された内容じゃないとダメなんだろうけどね。

まあ割と興味ないから別になんでもいいや。

 

火曜日「不条理日記

この日は確か仕事が強烈に暇で、やることないから即座に帰りたいのに会社にいなければいけないという不条理に悩まされていたと思う。

この時間があれば……と考えられるほど休日とか有意義に過ごしているタイプではないのですが、会社にいる時間は本当にもったいないなと思ってしまいます。

このブログでは何度も言及してますが、労働することに対して強烈な拒否感を抱いているんですね。そりゃ誰でもいくらか抱いているとは思うのですが……。

甘ちゃんで精神的に脆弱だとは思うのですが、それが僕なのだからできるだけ労ってやりたいと思うところです。飯は働かなくても美味いし、働かず惰眠を貪りインターネットを観ている生活のほうが遥かに幸せなことぐらいは僕にだってわかる。

 

書いた記事はこれ。


おでんが好き - 読者には誤読の権利がある

 

心の底からしょーもない。なんだこの記事。

でもこういう何気ないやつで力抜けてるやつのほうが、割とみんなコメントしやすいし読みやすいみたいで、なんだかいろんなことを考えてしまいますね。

 

水曜日「餅巣菓さんな日」

またしても非常にとりとめない感じの日々なのですが、印象的だったのはやはりブログとツイッターでの出来事でしょうか。

水曜日にはこの記事を書いたのですが……


Call your name 「餅巣菓さんに呼ばれる・感想」 - 読者には誤読の権利がある

この記事が作者のイシデ電先生にリツイートしてもらって、結構なアクセス数を稼ぎました。僕個人としては餅巣菓さんは大好きな作品だったので作者様本人に読んでいただけるというのは喜びの至りでしたので、感激でした。

リツイートしてくれた方や言及してくれた方に対してはほんと感謝しきりです。

 

このツイート(勝手に貼っちゃったけど大丈夫かな)は本当に嬉しくて、感想書いてよかったなあ……と思いました。僕は結構寂しがりなんで、自分の書いた記事に反応をもらえるとそりゃやっぱ嬉しいですよ。いつもは強がってますけどね……やっぱ嬉しいですよ。

感想を言っていただけたツイートは他にもあるのですが、なんか自慢みたいになりそうなので……やめときます。いやまあ……うん自慢だよ。嬉しいもんっ(てへぺろ

 

アオハルに関するコミックス感想はまだあと何本か書くつもりです。少なくとも3本は確定しているかなあ。1本は実はもう書けているんだけど、大層失礼というか……実際思っていることを書いたやつなんだけど、なんか大丈夫かな?って内容なので少々ビクビクして投下できずにいます。

まあたぶん作者本人も自覚済みだから(自覚してなかったらそれはそれで怖いが)、絶対大丈夫という自信はありますけど……。たぶん水曜日とかに投下します。

 

木曜日「会社とかwww」

この日は笑えることに職場に上司が誰もいないという状況だったので、14時に出社して、雑務をこなしたあとにもってきたSAWのDVDを同僚とみて帰りました。

本当に心の底からクズみたいな社員ですが、これでも僕と同僚は会社内でトップ1.2を誇るほどに働き者なうえに結果も出しているんです。

というか、上司が働けなさすぎるんです。

母親が死んだら父親はATMでの金の卸し方すらわからないだろう」って感じの記述がきのう何食べた?にあったと思うのですが、それと同じような感じのことを思います。

「こいつら僕らがいなくなったらどうやって仕事するんだろう……」

と思うのですが、知ったこっちゃないので勝手に野垂れ死ねばいいと思います。

会社とかどうなろうが心の底からどうでもいいです。

 

この前なんて上司に「この画像をPCに保存したいのですが……」と言われて、

「右クリックで名前をつけて保存」を教えました。

しかも3回目です。

どうしようもない。

 

書いた記事はこちら。


きっといつまでもずっと「甘々と稲妻・3巻感想」 - 読者には誤読の権利がある

 

甘稲読者が結構いると思いコミュニケーションはかれるかなと思って投下したのですが、うーむいまいち芳しくなかったですね。

アクセス数はそれなりだったのですが、それでも個人的には「わかる」「わからん」の一言だけでも欲しくなっちゃうんですよね。わがままですよね。

やっぱり僕がしたいのはコミュニケーションなんだなあと。

欲しいのは繋がりなんだなあ、と思いましたね。

もっと相手の琴線に触れて、喋らざるをえないような文章を書かないとなと肝に命じました。

頑張ります。

 

金曜日「地獄パーティ」

仕事でパーティに連れてかれることになり、非常に居心地が悪かったです。

この一文で済ませてしまいたいくらい思い出したくもない。非常に疲れた。非日常的空間は嫌いじゃないが……それでも慣れないもんは慣れない。

ただホテルの寿司やローストビーフは美味かった。大トロとか10貫くらい食べた気がする。

そんな暇があるなら人脈広げる為に名刺配れよと言われてしまうかもしれないけれど、はっきり言って今の会社に所属していることを流布することはどう考えてもマイナスとしか思えないので、ただただ食いに走った。

こういうときに自分用の名刺とかもってると便利だなと思った。

いや何ができる人間ってわけでもないのだけれど、名刺を受け取る為には差し出す必要があるからなあ。めんどくさい社会だ。

 

書いた記事はこれ


喰う寝る僕の「くーねるまるた」 - 読者には誤読の権利がある

 

こんなクソみたいなパーティのあとだったので、妙に心に響いた作品。まあ実際書いているのは木曜日の夜なんだけれど。

ひとつの理想と出会えた作品だったと思う。

昔から僕はエリート思想を親から植え付けられていたのだけれど、それがここ数年でどんどんと破壊されているのが非常に心地よい。

やっと自分の人生を取り戻した気持ちなんです。

そんな気持ちを記事に書きました。嘘です。

 

土曜日~日曜日「原付顛末」

かなりの睡眠時間を要した為にバカみたいに無為に過ごしてしまい、目的とすることがほぼ達成できなかった無駄な三連休の二日間。あーあーと思いつつも、まあ別にいいかと思うあたり真性ダメ人間の思想を垣間見た。

まあそんなことはどうでもいいんですよ。

原付ですよ、原付。

 


ただしいこと - 読者には誤読の権利がある

 

この記事で書きましたけど……

僕原付を盗まれてるんですよ、それが見つかったんですよ。

 

河原で。

河原で見つかったんですよ。

ざけんなっつーの、と思いながら土曜日に回収しにいったんですよ。

 

きずだらけwww

でかいキズが2箇所。

最悪ですよ。

まあでも戻ってきたんならよかったと思うことにしよう……と思ってたんですよ。

 

バッテリーイカれてて電源つかねえの。

 

ぶっ壊れてるんですよ。ふざけんなっつーの。

前輪パンクで8000円飛ばしたばかりなのに、またバッテリーで1万円とか吹っ飛ぶわけですか? 笑えないってーの。

なんか保障もされないみたいだしさ。犯人も捕まらないみたいだし。

なんでかって言うと、僕が盗難届出せなかったんだよね。

原付のナンバーとか控えてないうえに資料とか原付の中にいれてあったから、自分の原付の車体番号とかわからなくて盗難届が受理されなかったんだよね。

だから今回の盗難は全部誰のせいでもなく、僕の不注意ってことになった。

 

なんだそりゃ。

ありえねえだろ……と思ったんですけど、もう喧嘩する元気もなかったので長い距離を押して帰りましたよ。

 

とりあえず僕から言えることは……

盗難は誰にでも起こりえる。

クズはマジでクズだし、クズは結構どこにでも蔓延っている。

車体番号や大切な書類等はコピーをとる。

警察は信用しない。自力で見つける覚悟をもとう。

 

ってことくらいですかね。最後は本当にそうだと思います。

僕は近隣のバイク屋とかに電話かけまくって自分の原付の特徴教えて、持ち込まれたら一度確認してもらえるようにお願いできますか? と連絡した。もちろん見つかった後にも連絡を入れた。

 

とりあえず原付を直すのは随分先になりそう……。

はあ……こういうときばかりは無駄にお金が欲しい。

 

書いた記事はこちら。


書くことは生活 - 読者には誤読の権利がある

 

まあ書くことはなんだかんだ楽しいですよ、って記事。

んで生活だからやめられそうもないですよって感じ。

 

だってこの記事も、最初はだりーとか言ってたくせに6500字書いてるわけですからね。バカですよね。URLとか省いても5000字くらい? どちらにせよバカだ。全然「さらっと」書けてないww

まあそういうこともあるってことで。

 

ただまあ一生やめられないし、文章書くことくらいしかできることもないから、開き直ってやることにしましょう。うん、そうしよう。

ってことで明日からも頑張ります。

 

みなさん盗難には気をつけてくださいね。

広告を非表示にする