読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

書くことは生活

他愛もないやつ

今週のお題「書くこと」

 

タイトルとおりである。

僕にとって書くことはもはや「生活」の一部になっていて、書くことを意識することはなかなか難しい。

「あなたにとって書くことってなんですか?」って聞かれたら、まあたぶんタイトルのようなことを言うのかもなあと思った次第です。

 

書くことは仕事

僕は副業でライターもやっているから、書くことは仕事でもある。

普通に生きてたら知ることのできないもの紹介したりする系の記事を書いて、お賃金をもらう為に書いていることもある。当然それは生活するためだ。

楽しいと思うことも楽しくないなと思うこともある。自分の本意でないことも書くこともほんのたまにある。

あくまで副業なので、嫌になったらやめてしまうだろうが……書くこと自体が快感をともなう作業なのでおそらくやめないだろうと予想している。

本業のほうも書くことが基本主体になることもあるので、仕事中は基本的に書いている気がする。身になっているかどうかは怪しいけど。

 

書くことは趣味

まあいわゆるこのブログだ。積極的に誰かに読まれたいと思いながらやっているわけではないけど読んでくれたならめちゃくちゃ嬉しいよのスタンスのこのブログ。

文章はめちゃくちゃだし、推敲もヌルいうえに、情報はまとまってなく無駄に長いといういいところがほとんどないというブログなのだけれど、それでもこれを書いているときは楽しい。

自分のリビドーのようなものをぶちまけたような文字列は、我ながら惚れ惚れするくらい気持ち悪いけれど、それでも書いているときは一番楽しい。

あ、これ面白いなあ……この気持ちや考え方忘れたくないから、ブログで言語化しておこう……と思ってブログを書くことが大体だ。

僕にとって書くことは整理でもある

書くことで脳でとっちらかっている物質を言語化して格納する。その作業のために毎日キーボードがぶっ壊れるくらいに叩いている。実際壊れたことはないけど。

 

書くことは娯楽

友達とサウンドノベルつくろうぜ? と言われてサウンドノベルを作ったりしたりするときは書くことは娯楽に近いなあと思う。一回頓挫したものの、いまはまた新しいものを書いている。創作のために書いているときは、なにを書いているときも正解も着地点もみえなくてしんどいけれど、書き上がったあとは「あーよかったなあ」と思えて、その日は結構ウキウキと過ごすことができる。夜もぐっすり眠れる。

完全に遊びながらやっているので、あーこれは娯楽だなあと思いながら書いている。

「それは論理的におかしい」とか「いやつまんねえよ」と言われると一番ムカつくのもこれだけれど、どう足掻いても遊んでいるだけなので娯楽だなあ……って感じ。

趣味とかぶるかな。

 

書くことは「生活」

ここまで書くことが日常の大体を占めていると、やっぱり書くことは生活なんだなあと思える。

朝起きて、ご飯を食べて、着替えて、仕事して、人と話して、トイレして、寝る。

そんな日常の中で時々顔を出すものが「書くこと」なんじゃないかなあと思った次第でございやす。

なにかメモするときもメモ帳に書くし、落書きとか紙にするし……。

書くことが生活なんて手垢がついた結論にどう足掻いても至ってしまう。

まあ、書くことが嫌いなやつはブログなんてやってないよなあ、たぶん。

楽しいよね書くこと。たぶん一生やってるんだろうなあと思う。

 

アピカ 3年日記 D307 赤 A5 横書き 日付け表示なし

アピカ 3年日記 D307 赤 A5 横書き 日付け表示なし

 

 亡くなった祖父がこれを書いていて、全然会ってない僕のことも書いてあって、書くことって大事だなって思ったこともあるよ。

 

広告を非表示にする