読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

ラブライブ全話視聴ー前編ー「バカはトレジャー」

アニメ


突発的にラブライブを全話試聴するよ!!

理由は特にない。強いてあげるなら、トルネの場所をとって邪魔だから。

 

ラブライブ!  (Love Live! School Idol Project) 1 [Blu-ray]

ラブライブ! (Love Live! School Idol Project) 1 [Blu-ray]

 

 
観ながら思ったことを書いてるだけなんで、詳しい説明とか書いてないです。
観て思ったことをさらっと書いているだけなので、観た人じゃないと内容はわからないかもなので、できれば視聴後に読んだほうがいくらか楽しめるかもです。
シーン描写もしてないので、観た人も「あーあそこのシーンかな?」と思いながら読んでいただけると助かります。

そうです、画像を貼るのがめんどくさかったんです。

 

ではスタート。長いから格納しました。

 



第1話

突然廃校とかマジで何事だよって話ですね。
強烈に指摘したい点はたくさんあるのですが、それは野暮というものです。
まあ話をドライブさせるための目的づくりみたいなものなので、ここをほじくることはスマートと言えないでしょう……。

つっこみてえええええええ!!!!

と思ってもなにもつっこまないのが大人ってもんです。

僕はラブライブに関して中途半端な知識しかもってなかたので
「あ、ニッコニコニーの人だ」とか
「あ、この話はもうやめよチュンチュンの人だ」とか
「あ、ドムの人だ」とか

まあそんなことばっかり考えながら見てましたね。

今のところ全体的にポップで観やすいですね。悪くないです。目が異様にキラキラしていること以外は。
アイマスとか興味あるけど、既に参入者多いし敷居高いなーって思っている人って多いと思うんですけど、ラブライブってそういう人にとってはうってつけのコンテンツだったんじゃないでしょうか?
まだまっさらな状況で、みんな同じスタートラインに立っているというのが人気の秘訣じゃないですかね。情報の所有量が同じだし、まだまだ追いつける範囲だから追いかけやすいだろうし。
女の子は可愛いし、曲もパッと聴きキャッチーだし、応援しがいのあるコンテンツに見える。
むしろアイマスよりも要素の提示の仕方はうまいんじゃないかな。
まっさらだからこそ「自分でも応援できるかも」という感情は引き起こされるかも。


アイマスってハッキリ言ってクソほどに敷居高くて参入しづらいと思うんですよ。
僕も今や立派なPだと胸を張って言えますけど(それもそれでどうなんだろう)、最初のころはわかんないことばっかりで置いてけぼり感ありましたね。
アニメ観てても「あそこであの曲を流すとは!」とか言われても「いやしらねーよ」みたいに思ってましたし。
だからこそ手垢のついてないアイドルコンテンツとして、ラブライブは群がりやすかったんだと思います。

僕がアイマスに参入したときも6話まで「どうでもいいなあ」と思ってたので6話くらいまでは見てみようと思います。



第2話

ドムの人がカードで人生決めちゃうタイプの痛い人で、リアルに「あちゃー」って声出た。


最初にグループ名からきめていく感じとかなんかバンドやっていたころを思い出して懐かしくなった。
ほのかのやり方(先に文化祭の場所とったり、告知もしてみたり)って結構悪くないよなあ、と思った。
なにか具体的目標があって、他人にやるべきことを明示して逃げられない状況をつくるっていう「やるしかない」って状況はなにかを始めるにあたっては悪くないと思う。
僕もバンドをやっていたころ、練習もしてないし曲も決まってないけどライブ組んだりして逃げられない状況を作ったりして自分に発破をかけたりしていた。
……いやなに真剣に語ってるんだろ僕は。思い出語りになってしまった。

のぞみさんの中の人、あんまうまくないな。
いや声優の上手い下手って僕あんまりわからないんですけど、なんかこう……固いですね。
のぞみさんに限らずちょいちょい固い人が出てきますね。
僕が気づくってことは皆気づきそうだよなあ。

若い新人を起用しているのかな? それはそれで長いこと愛してもらえるコンテンツになるためには若いことはかなり大事なのでわからなくはない。いまの765勢もかなり年をね……うん。

技術的に未熟なことも、まだまだつたないアイドルであるラブライブの登場人物に重なって相乗効果を生むんじゃないかな。実際どうかはわからんけど。


喜劇としてバランスいいなー。ラブライブ悪くないよ。無味無臭なところもアイマスと似てるかなあ。良くも悪くも心に残らないので、さらっと観られて楽な感じです

まきちゃんが仲間になった。髪型が可愛い。
今のところほのかの母親が一番可愛いのはどうなんだろう。


第3話

OPの全員集合感はやっぱりテンション上がっちゃいますね。
ぬるぬる動いていて力入ってるなあ、って印象。
今回はライブ会っぽい。


小鳥ちゃんってこんな声だったかな。
実は2話と3話の間に2週間空いてるから、覚えてないんだよね。
いまから(12時)全力出して全部見るから。明日仕事だけど。

アイマスと違って、自分たちでプロモして自分たちで衣装発注してっていうのは、
手作り感がしてスクールアイドルならではの味が出てますね

 

ライブ会場にひとりも客がいない……笑
いやいやいやいやいや、さすがにライブ会場にひとりもいないってことはないでしょ。挫折ターンはあるとは思っていたけれど、これは意表を突かれた。ここまでなにもないと斬新だ。失敗シーンがあるくらいかな……と思ってたら、まさかだ。

スクールアイドルって言っても、気持ち的には「バンド組んだので観てください」
くらいのニュアンスで受け取るのがいいのかも。
確かにどうでもいい人が「文化祭でバンドやるんでー」とか言われても見に行かないかもね

むしろ、これで集まったら話がどんどん肥大化しちゃうから、これくらいでいいのかな。
スクールアイドルの目的って学校内での認知度を得た後はどうするんだっけ?
そのスクールアイドルに憧れて入学者を増やすことが目的だっけ……?

曲は普通かな。歌メロポップって感じ。
SMOKYTHRILLのときの感動には及ばないのが正直なところ。
まああれは僕のツボを抑えまくった曲だからなあ……。


アニメ「アイドルマスター」 竜宮小町/ 『SMOKY THRILL』 - YouTube

ここでアイマスPが露骨にアイマス楽曲を貼ることについての批難は受けません。

凛ちゃんがバカっ娘ぽくて凄く好きになれそうです。
明るいバカっ娘は凄く好きです。


第4話

アルパカ飼ってる学校って時点でいくらか話題性あるだろ。


凛ちゃんが圧倒的に可愛い。
かよちゃんがメガネであることが最高だ。やっぱりメガネが一番素晴らしい。
そしてまきちゃんもデラックス可愛い。
1年生組可愛いなあ。……1年生なんだっけ?


メガネ外したあああああああああああああああああああああああ!!!

かよ「コンタクトにしてみたんだけど……変かな」

変だよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!


乙女の頑張ろうという気持ちを踏みにじってでも、再度メガネをかけさせたい。
どうにかして彼女を更生させたい。そんな君はみたくない!

 

f:id:sichisichi49:20140908225408j:plain

f:id:sichisichi49:20140908225420j:plain

圧倒的にメガネがあったほうが可愛いですね。

画像の大きさに深い意図はありません。


ああ、凛ちゃんが可愛い。
マラカス振ってる凛ちゃんバカすぎて可愛い。バカな子は好きです。

こういうバカな子は一生バカでいられるように、手厚く保護してできるだけ大人にならないように周りが気をつかわなければいけません。

バカは宝なのです。


実に中身のない感想になってしまった。
だって中身がなかったんだから仕方がないじゃないか。


第5話


わーニコ回だー。
テンプレートロリコンって感じで凄く気になってた子なんだよね。

凛ちゃんダントツ可愛い。圧倒的可愛さだ。
話が頭に入らないくらいの可愛さだ。

ニッコニコーだ!!

f:id:sichisichi49:20140908223205j:plain


ひどいテンションだ!!これはひどい!!

なんていうバカな子なんだ!好感度がうなぎのぼりです!!
思わず巻き戻して二回観てしまった。

ダメだ。のぞみさんが出るとテンション上がる。
画面が華やぐ上に、似非京都弁みたいなのがじわじわくる。
彼女の好感度も爆上がりだ。

「アイドルは笑顔をみせる仕事じゃなくて、笑顔にさせる仕事」
ってのはいい台詞ですね。そこはかとない真理ですね。

ニコちゃんは誰よりもアイドルに対しての愛を抱いているからこそ、中途半端な姿勢でいられるのが嫌だし、その輪に自分がいないことに憤りを感じてしまうタイプの子なところがいいなあと思えますねえ。

盲目的行動派なところも非常に好みです。


ニコちゃんのジャージダサくて最高です。
ロリコンじゃないです。決して。


第6話

ニコちゃんの顔芸が素晴らしい。
頭が悪すぎて好感度がダントツに高い。

あれ? まきって一年生だよね?
なんでタメ口なの? 無礼なの? 無礼な娘なの?
許さないよ? 無礼は許さないよ?

運動部だったので、こういう些細なことがちょっと気になったりします。もうお前アニメ見るなや、とか言わないでください。

「ニッコニコニー」と言いながらビラを配り続けるニコちゃんが質の悪い変質者以外のなにものでもない。

最後の曲はお祭り感があって、非常にいいですね!!
これは心を掴まれましたよ。
映像に力が入っていて「あーそろそろ切ろっかな」と思っている人の裾をしっかり掴んだ感じします。
そういえばアイマスもライブシーンに力入れたのは6話だったなあ。

「カードも言っているから力になってあげなよ」
というのぞみさんが世迷言を言っているようにしか見えない。
そんな言葉で誰かを説得できると思っているあたりが最高に好きです。

 

とりあえず6話まで見たわけですが

良くも悪くも普通ですね。
ここまで話に関しては非常にテンプレ感強くて「観てても不快じゃないけど「観るな」と言われたら「ああ、別にいいっすよ」ってなっちゃう感じ」ですね。
でもアイマスとか昔見たときも確か同じような感じで観てた気がする。
全員を均等に立たせようと努力しているあたりは非常に好感がもてます。

歌やダンスに関しては非常に画面が華やかで、ライブシーンの為にこの後も観てもいいかなーという気分になるので、やや好感度は高めでしょうか。
先は気にならないけど、映像的美麗さは「これからもっと観たいなー」という気分にはなりますね。

やはりどう足掻いてもニコちゃんがいいですね。彼女がいなければ途中で観るのをやめていた可能性があります。

とりあえず最後まで観てみます。
ニコちゃんが可愛いなら最後まで見たいです。

 バカな子が好きなんです。

広告を非表示にする