読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

僕がブログを書く理由、君のブログを読む理由

 

僕はなんでブログを書くのかと考えたとき、

好きだから以外に答えが見つからなかった。

 

僕がブログを書くきっかけは、副業としてライターをやっていることに息詰まりを感じて、それに対する息抜きとして初めたものだった。

 

副業とこのブログは文体がまるで違う。

このブログほうがより自然体だけれど、おそらく読み物として優れているのは副業のほうな気がする。

情報もしっかりまとめてあるし、無駄に長くない。

なによりたくさんの人間に読まれている(らしい)ので、モチベーションも高い。

けれど、書くことが楽しいのは、読んでいて好きになれるのは断然このブログだ。

自画自賛がすぎるけれど、自分が好きなことを書いているのだから、自分が好きなのは当たり前だ。

副業も好きでやっているわけだけれど……書くのは凄く疲れるし、内容にも責任が伴うからある程度内容を吟味してから書くし、内容に関しての許可をクライアントにとるときもある。

端的に言うと、めんどい。

役に立つことばかりしていると僕は疲れてしまうのだ。

どうもやっぱり僕は無為なものを書きたくなる欲求が度々起こるみたいだ。

誰の役にも立たないことが書きたくなるときがある。

このブログはやっぱり僕にとっては息抜きなんだ。

だから僕の好きなことしか書かないし、苛烈にどうでもいいことも書く。

それを読んで、誰かがなにか影響されてくれたらそれは嬉しいけれど、でもやっぱりなんかまあ……それが目的じゃない。

結局のところ自分のために書いている。

 

ライフハック系の記事とかお得な情報記事とか、そういう類の記事を一日に何本も書いてる人は尊敬すると同時に「よくやるなあ」という憐憫に似たものを感じるときがある。

いやそういう記事を書いてもらえると実際助かるんだけど……そんな躍起になって誰かに読まれようとしたり、役に立とうとしなくてもいいんじゃない? とも思う。

当然、ブログに関しての目的は人それぞれだから強要はできない。

そういうものばかり書くことを否定しているわけじゃないけど。

もっとなにが好きだとか、なにが嫌いだとか自由に書けばいいのに……とか思う。

無理すんなよ、笑顔貼り付けて偽ってんじゃねーよ洒落臭えって思うときがある。

疲れない? とも思う。

君がやらなくてもいいよ、って思う。

君が書く君自身の話が聞きたいんだよ僕は、って思う。

そういう人のブログは読んでいても個人が見えてこない。

僕は読んだあとに「僕」が残るような

残念なことに僕は前述した「そういう類の記事」を読んでも、つまようじレベルで刺さってこない。

僕が人のブログを見る理由は、人の生活を垣間見たいからだ。

人にはとてもじゃないけど言えないようなことを吐き出した、長い長い独白を僕は読みたい。

 

役に立たないことこそが、大切なときもあるんだ。

と……今日ふと思ったんです。

 

偉そうですみません。

でもまあ、今日はそんなことを思いました。

別に誰かを傷つけるとか攻撃するために書いたんじゃなくて、

僕にしか書けないことがもっとあるはずだ。

君にしか書けないこともっとあるはずだ。

って思ったんです。

なんちって。

 

うんち (はじめての絵本たいむ)

うんち (はじめての絵本たいむ)

 

 なんか和むかな、って思って貼ってみたんですけど効果バツグンですね。

和む。

 

広告を非表示にする