読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

杉井光のある到達点「神曲プロデューサー」

 

神曲プロデューサーが素晴らしかった。

杉井光はこの本を書くために作家を続けていたのではないだろうか、と思えてしまうくらいには……素晴らしかった。

神曲プロデューサー

神曲プロデューサー

 

 僕ってやつは病的なまでに天邪鬼なので「杉井光? まあぶっちゃけあんまり好きじゃないよね」と公言しながら、隠れてすげー読んでいるというタイプなのですが、この作品は本当に素晴らしかった。ビビった。マジで。

 

彼は自分の好きなモノを物語にするためにキャラを配置するタイプの人間で、非常に局地的な話が多い。特に彼は近年、音楽にフォーカスを絞っているように感じていた。

さよならピアノソナタから始まった彼の音楽小説は次第に練度を増していったが、残念なことにラノベという狭い領域の世界によって、翼を生やすことはできずにいたように感じていた。要は窮屈そうだった。もっと解放できるだろう、と思っていた。

すべての愛が許される島で片鱗を見せはじめていたが、それがついに、この作品で完全に花開いたような気が、僕にはした。

この作品には杉井さんの音楽に対する愛と怒りが詰め込まれている。いや音楽だけじゃないな……彼の作品の根底にはいつだって愛と怒りが溢れている。

愛と怒りを自分の世界に取り込み、物語に昇華してやろうという気概が見られた本作はすげえ杉井光的作品ながらもすばらしかった。

いつもより少しダーティーな記述や出来事が目立ったのもよかった。杉井はラノベでもダーティーさを売りにはしていたが、それでもやはり少しだけ無理があった。

ラノベの世界観での杉井が描く「僕」及び世界ははなんというか汚れていることを知っていながらも、それをひた隠しにするラノベ然としたキャラクターだったし、周りのキャラもその然を崩さないように振舞っていた。

それが若干和らいだことで、杉井光の描く世界観が無理のないものに変わった。すんなりと入り込めたし、嫌悪感を抱くようなこともなかった。

杉井さんラノベ書いてる場合じゃないっすよ、と思った。

けど、彼がラノベという場で書き続ける理由というか、姿勢に関してもこの作品で描き切ったような気がする。

要は彼ははプロなのだ。この作品で描いた「僕」の音楽への姿勢は、杉井光の自著への姿勢と重なるのではないかと僕は思った。

 

杉井光の作品は非常に作為的で「これこれこういう物語とキャラクターを配置したので、結果としてここで感動できますよね」というのが見え透いているときがあって、うーんと思うときがあったのだが、それも彼のプロとしての選択だったのかもしれない……と思うのはどうだろうと思ったりもした。

 

さて音楽への愛と怒りの続きだ。

悲しいことに現在の音楽シーンというのは、僕のような音楽外の仕事をしているような人間からみても溜息が出るような状況だ。杉井さんも同様にその状況に対して怒りをぶちまけている。「日本人は音痴に寛容な民族なのではないか」とまで言い切る。

圧倒的な怒りをぶつけながらも、それをなんとかして肯定してみせるような、その思想を逆手にとったような物語を描く。

日本の音楽業界が孕む問題をすくい取り「もはやしょうがない」という諦観的アンサーを打ち出したあと、それを救うことなく終わる。誰にも変えられぬ価値観があることを、「良い」だけでは生きていけない現実を、そこに苦しみ相容れない人間を描くこの作品。

以前の杉井光が好みがちな陳腐な奇跡に頼らず、ただ現実を押し出していくその展開に心を揺らされた。この作品には奇跡がない。あるのは杉井光が思い続けた音楽への愛と怒りだけだ。それが本当に素晴らしい。

 

ただこの本が許せない点は表紙の蒔田の持っているギターだ。もっと言いたいことはあるのだがそれはまあしょうがない。

(……詳しく話すとリカコの髪が「稲穂色の短い髪にはウェーブがかけられ」と記述されているけれど、それはまあ個人の受け取り方次第だろう。これに関しては時間経過とともに髪型も変化しているのでしょうがない。ウェーブもヨーロッパ・ツアーのあとには抜けてたりするから、どこを切り取ったかによって容姿は変わる。これはもうしょうがない……っていう意味でのしょうがない)

 

問題なのは持っているギターだ。

なぜストラトなんだ? 意味がわからん。納期の問題で物語が終わる前に入稿しなきゃいけなかったりしたのか? と思ったりしたが、どうもイラレは内容を読んだうえでこの選択をしたみたいだった。音楽作品としてこれは致命的な選択だと思う。

彼がもっているギターはテレキャスターであるべきだった。もしくはJ45であるべきだった。形なんてわからなくても調べればわかる話だ。

なんて愛のない表紙だろう。

こういう仕事をみると死にたくなるから本当にやめてほしい。

それとも僕の知らない事情があるのか、それとも僕が見落としていた記述があるのか(それにしたってJ45であるべきだと思うが)わからんが……とにかくなにかの間違いであってほしい表紙だ。

 

中身は本当に素晴らしい物だったのに、少しだけケチがついた気分だ。

 

 

さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)

さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)

 

 同じ音楽ものならこちらも。こっちも大好きな作品なんだー。

広告を非表示にする