読者には誤読の権利がある

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

MENU

合コンに行ったらとんでもないことが起こりました読んでもとんでもないことが起こらないことがわかりました。

 

薄給のくせに月末になるとほんのり忙しい我が社ですが、普通の会社に比べたら明らかに忙しくないので文句は……言います。仕事やめたい。

もはやどんな仕事であっても、おそらく働くこと自体が向いていないというタイプの人間なので、日に日に怠惰になるばかりです。心の底からヒモになりたい。

どこかに僕のことを適度に放っておいてくれて、月に十万くらい定期的に送金してくれる子供に甘い親みたいな女の人はいないものか。どこにいったら会えるんだ。

巫女コスが似合うメガネっ子はどこにいったら会えるんだ。

 

やはり最良の出会いというのは行動しないと見つからないといいます。

やはりそうなると合コンでしょうか。

もはや響きだけでもイライラきちゃう感じですね。

合コンの敷居をぐっとあげるとお見合いになると僕は思うのですがいかが?

合コンに素敵なメガネ女子が到来する確立なんて、大層なもんだろうと思うわけですが、やはり行動しないことには結局0%のままです。

 

これではいけない。

 

ただそれに参加することすらも強烈に億劫なので、机上でどうにかできないかと思ってこれを読んでました。

 

薄い

いや、物理的なページ数が少ないとかそういう話ではなく、内容が薄いなあ……と思いまして。2chのリアルにあった怖いスレを引き延ばしただけの作品としか思えない。

あれはあの短さと手軽さだからこそ、怖さが増幅されていると思うんですよ。あの形式だからこそグイグイ読んじゃって引き込まれるんだと思うんですね。描写を省いているからこそ想像力を引き立てるという側面もあるし。

いわゆるラノベ的文法でホラーテイストしても意味ないと思いますね。

 

 

一応最初に肯定したいのは、この作者おそらく頭がいいです。なにやらせても平均点までは易々といけるタイプの人間だと思う。

物語の骨組みもしっかりしてるし、伏線もきちっと入れてある、笑わせるところでは笑わせて、どんでん返しもある

……けど、まあそれだけなんだよなあって作家なんですよね。

 

世間の思う「面白い小説」の文法を丁寧になぞっただけの作品にしか思えなかった。

強烈に伝わってくる「なにか」がまるでない。

小説の書き方を学んだ作者が60点の作品つくりましたって感じ。

 

伝えてくる「なにか」を度外視しても、細やかな雑さが目についた。

特にあらゆる行動の理由。

ざっくりいうと心理描写が、雑で読んでいて萎えた。

この場面でこの設定のキャラクターはこういう思考及び行動とらないでしょ? ってことを平気でやらかす。それが意外性に繋がればいいんですけど、意外性ってのは基盤があるからこそ光るものなんですよ。

ある一定の条件下の場合においてのみ、普段冷静なキャラクターが激情に駆られる。そういったものが意外性だと僕は思っているんですよ。

その条件はクリアーしているけれど、そこまでの基盤がしっかりしていないが為に、ただのアホキャラにしか見えないってのが、この物語の根本的失敗だと思います。

 

この作品の肝になるべく動機が弱すぎるのもキツかった。

特に柏木さんの昔話の独白のところはマジで本をぶん投げそうになった。少女マンガみたいに自分のトラウマをぺらぺら話すような人間だな、ということで彼女の秘密に対する強い思いが軽く見えちゃってるんですよ。これでは意味がない。

そんな些細なことで人間はここまで狂える」ってのを表現したいのかもしれないけれど、それなら表現方法を変えるべきだった。

最初の文はそういう意図も込めてると思うんですよ、後々の伏線回収の意味合いもあるけれど、誰もが経験したことのある些細なことがとんでもない結果を巻き起こす……というものが書きたいならば、主人公を変えるべきでしたね。僕はそう思います。

とにかく主人公に魅力がないのがしんどかった。読んでいて本当にしんどかった。終始スベってるギャグもキツかったし、語り口もキャラをばらけさせていて一貫性がない。

第一こんな童貞はいない。

 

 

起承転結のバランスが悪く、魅力が半減している

背表紙で紹介されているあらすじの場面に辿りつくまでに何ページかかってるんだよ。合コンで知り合った女の子が実は誰かも知らない女の子だったっていうありがちなネタに何ページかけてるんだよ! 起が長いんだよ!

っていうかですね、あえて起を長くして、後半を怒涛の展開にして読者をパニックにさせたいって狙いならですね、もっとやりようがあるんですよ!

本当に無駄が多いこの作品!

ホラーサスペンスの肝は平和描写を丁寧に書いてそれをいかに崩すか!

平和描写がだらだらと長い割には効果的に働いてない!

それがこの作品の面白さの根幹を崩している!

 

ひぐらしとか見なさいよ!

萌えを恐怖に変えるというベクトル転換の鮮やかさを見習ってほしい。 

あれは「萌えだと思っていたものが、いつの間にか不気味なものに変わっている」という恐怖への転換が非常にうまくいっている作品だと僕は思います。

あれも序盤は長いですけれど「ああ、あの平和だった序盤に戻りたい」と思えるくらいに畳み掛けるように絶望が続くじゃないですか。

それがキモですし、そう思わせる為にあの序盤の長さなんですよ。

でもこの作品にはそれがないんですよ。ただ長いだけで終わっている。

文句が止まらなくなってきて、非常に生産性がないのでこれでやめます。

ただここまで文句が言えるということは、それだけこの作品に期待していたってことですし、欠点が明確な作家って次の作品で爆伸びするんですよ。

だからまあ次に期待ですね。

 

 

まとめ

とりあえず得られる知見はあるとは思います。ただこれを読んだらメガネ女子と合コンで知り合っていずれ結婚できるほどの技量が身につくと思っていたのに、全然なにひとつ人生が変わってなくて非常にがっかりです

本を読んでるだけじゃだめなんだってことくらい、僕にもわかります。

本を読んでる場合じゃないんですよ。

書を捨て町へ出ないとダメですよ。

読書はクソ!