読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

シロップ聴いたら気分が落ちたのか、気分が落ちたからシロップを聴くのかわかったもんじゃない。

音楽

こういうなにもなかった日はわりと人生を無為に過ごしているような気がしてくるんだけど、まあ長い人生そう毎日劇的なことが起こるわけもなくて、今日も仕事はめんどくせーしつまんないことは多いし、いろいろと煩わしいことは多いんだけど……それでも生活は続いたりするから厄介このうえない。

こういう日は笑える(であろう)ネタは思いついても口にするまでに喉元あたりで溶けてしまうことが多くて、そういうダウナーな感じが自分でもめんどくせーと思うんだけど、強制的に止めるのも難しくてやきもきする。

 


syrup16g ex.人間 from BLACKSOUND - YouTube

 

こういう日は悲しいくらいにsyrup16gが似合う。

この曲は「美味しいおそば屋さん見つけたから こんどいこう」という言葉に結局救われちゃってんだよな、という諦観を歌ってる曲なんじゃないかなと思ってる。どれだけ煩わしさを感じたところで、結局その言葉が自分を救ってるし、人間って結局そういうもんなんじゃないの? という圧倒的諦観。

 

散らかった部屋を眺めながら、ぼんやりとシロップを聴いているときは感傷的になっている自分がそれほど悪いもんでもないという自己陶酔に浸れる。決して上手い歌ではないけれど、五十嵐の歌には生気がともってる。だからlast dayとかの映像で歌うまくってちょっと戸惑ったよ笑 喉作りこんできてるって笑 

こうやってだらだら書いているのも悪くないけど、そればっかりしているといわゆるメンタルを持ってかれる状態になってしまいそうで、急いで立て直そうとするけど、まあ大体失敗に終わる。こういう日はなんも考えずに寝てしまったほうがいいことくらいは今年23歳にもなるとわかってくる。というか、それ以外に方法が思いつかない。

クソだるい日記だけど、別にずっとエンタメしてくつもりでこれ始めたわけでもねーし、誰に怒られるってわけでもないからずるずるずるずる書いてる。ツイッターでこんなこと書いたら一発でブロックかまされるのは目に見えてるし。

嫌われるの苦手なんですよ、僕。

 


Syrup16g 土曜日 - YouTube

これ五十嵐がリッケン使ってんのが好きなんだよね。悲しいくらい似合ってないじゃん。それがいいよね。

 

どいつもこいつもめんどくせーと思う瞬間がある反面、どいつもこいつも愛おしいと思う瞬間もあるわけで、まあそういうだらっとした感情に今日も付き合わされてるのが少しばかりしんどい日もあるけど、そういうのも許せるようになる日がくるのかもしれない。こなくても別にいい。

こういうなんでもないことはスラスラと出てくるってのに、誰かに向ける言葉はブサイクな格好でしか出てこなくて、それでも体裁を整えようとするけど、まあ大体無駄に終わってしまうことが多い。そして誤解されて伝わるか、伝わらずに気持ち悪がられて終わる。

これは誰かに向けて書いているわけではないけれど、読んでくれる人がいるなら本当に嬉しいです。

 

いつまでも中二病でいたい。そんなことを今日は思った。


Title of mine (ROCK IN FES 2002) - YouTube

 

広告を非表示にする