読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

My monobright

音楽

今日はふとmonobrightを聴いていた。

なんだか凄く懐かしい気分になったので、アルバム毎に思い返してみようと思う。

 

僕がmonobrightに出会ったのは高校生のとき、紅色ver2という曲が初めてだった。

 

monobright zero

monobright zero

monobright zero

 

このアルバムはすごく荒削りなのだけれど、この時点で既にモノブライトが完成している。奥田民生さんとか好きなんだろうなーと勝手に想像していた。凄く歌謡的な匂いがするバンドだなーとか思っていた。

 

その後「未完成ライオット」と「頭の中のSOS」をリリースして、1stを出すわけですが、もう速攻買って聴きまくりました。変な缶バッチがおまけでついてきたのをよく覚えてる。

ロックインジャパンなどでも9mmと並び立つ存在として登場し、期待の新人バンドとしてどんどんと名を馳せていった。

そして1stアルバムが発売。

 

monobright one

monobright one

monobright one

 

懐かしい。このころから展開が捻くれ狂った曲が多いですね。

1stの至高の楽曲はやっぱり「魔法のライター」でしょうか。

桃野ソロのときからの楽曲らしいけど、これを聴いたときに「王道なのに変態」というワードがふと浮かんだ。思わず口ずさんでしまうポップ感があるのに「これ絶対売れねないんだろうなあ……」という感触のする曲。

デイドリームネイション」もいい曲。彼らにしては珍しくストレートな感じの曲なのだけれど、「どうしてそこでそう捻くれるんだ!」という気持ちになる。

決して気持ちいいままでは終わらせない。

持ち玉が変化球しかないみたいなバンドだと当時は思いました。

 

 

 monobright two

monobright two(初回生産限定盤)

monobright two(初回生産限定盤)

 

 

2ndの「あの透明感と少年」と「アナタMAGIC」のおかげで世間の認知度が高まり、それと反比例するように僕の興味も冷めていった。

個人的な意見を言うと、2ndは悪くはないんだけど、良くもないという印象。シングル曲は作りこんであるのに、アルバム曲が凄く手ぬるい感じがしてしまった。

タイアップとかいろいろついたせいで、曲に個性がなくなって聴きやすくなっちゃったなあと思ったりもしました。他人に薦めやすくなっちゃったなあというか。

当時は白ポロ眼鏡やめたりと、いろいろ葛藤してたんだろうなあとは思う。

アルバムで一番好きな曲である「涙色フラストレーション」が北海道時代の曲、というのも個人的な残念ポイントだったのだと思う。

 

 

ADVENTURE

ADVENTURE(初回生産限定盤)(DVD付)

ADVENTURE(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

僕の興味も完全に消滅しかけていたころに3rdの「ADVENTURE」が発売。これが最高だった。一番大好きなアルバムです。

まずアルバムとしての姿勢がよかった。曲順が最高です。

普通、アルバムの最初のほうの曲ってタイアップ曲とか勢いがよくてノレる曲を並べるのが定番なのですが、ADVENTUREはスローテンポな曲を頭にブチ込んできた上で、「孤独の太陽」「JOYJOY」「英雄ノヴァ」というタイアップアッパーナンバーを後半に入れてきたんですよね。それが当時の僕には凄く新鮮に見えた。

まさに冒険というアルバムタイトルに相応しい姿勢だなと思い、すごくニヤニヤしてしまった。やっぱり反骨精神が強いバンドが好きなんですよね。

アルバムとしての総合力が凄く上がっているうえで、作品全体に漂う飢餓感がハンパじゃない。一撃かましてやるぞ! という気概が曲から溢れだしている。最高です。

 

 

 ACME

ACME(初回限定盤)

ACME(初回限定盤)

 

 ヒダカが加入してからのアルバムですが……。

 正直に申し上げると、当時の僕はヒダカさんの加入に冷めていました。

どう考えても商業的な理由が見え隠れしてる上に、ヒダカ自身もビークルやめたあと、どう布石を打とうかなーという場面にモノブライト使った感じがしていました。

実際ヒダカいなかったらmonobrihgtって名前は消えかかっていたところはあるんで、完全に悪いとは言えないけど……でもなあ……と。

ADVENTUREであれだけやれたバンドがこういう方向性に進むんだ? という気持ちになったのは事実です。もっと突き詰めてくれよーと思ってしまいました。

monobrightゆらゆら帝国のように独自の道を歩んでいってほしかったのに……(そしてその道はOGRE YOU ASSHOLEが邁進していった)。

 

ただやはりヒダカさんの「楽曲に対して異様なまでにポップな臭いを纏わせる能力」は本当に凄くて、アルバム全体のクオリティがガツンと上がっているんですよね。楽曲の幅が広がってるのに、めっちゃ聴きやすい。いい曲だなーと思うことも多い。

ただ僕はmonobrightに普通のセックスを求めていたわけじゃなかったんです……。

 

 

これ以後のアルバムは聴いていないので割愛。

これといって言いたいことがあったわけではなかったのだけれど、なんとなく書き散らしてみました。

 

なにが言いたかったのか……結局のところ僕はこれが言いたかったのかもしれません。

 

monobrightはカップリング曲が最高。

 

そういうことなんです。

 

広告を非表示にする