読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

TSUTAYAいった、まほろ駅前多田便利軒とか借りた

 

月曜日 is 最悪。

いやもう火曜日だけどさ。

大学生だったころは別に月曜日なんて対して憂鬱でもなかったけど、社会人になって途端に月曜が嫌いになった。

まあ仕事柄、月曜日は連勤8日目ってことも有り得る、人よりかはその絶望はない、というより鈍化しているとは思うけど。

今日から11連勤。溜息がもりもり出てきて幸せを根こそぎ奪われそうだ。

月曜日が可憐な年上メガネ女子だったら、手厚く保護して暖かいココアのひとつでも振る舞ってやろうかなと思うのに。なんで月曜日ってやつは概念なんだ

まあもう火曜日なんだけどさ。

つーことでクソみたいに働いてきた……ってほどでもないな。なんかいろいろとサボっていたような気もする。僕は今の仕事が本当に嫌らしい。

 

月曜日の憂鬱を晴らそうと、映画でも見ることにした。

なにせ今日は近所のTSUTAYAの100円レンタル最終日。こんな機会はそれほどあるわけではないので、是非見聞を広げる意味でも(実際そんな高尚な思想は抱いてないが)、やはり映画は借りるべきだろう。

 

しかし、なんでTSUTAYAは毎日100円レンタルにしないかね?

GEOとかは常にお安くレンタルできて、僕の地元では100円切ってたりもするのに、未だに近所のTSUTAYAは4枚1000円とかいう値段だ。

冷静に考えてもみれば1000円で4本の映画が楽しめるのは、お得に違いないんだけど、それでもやっぱり1000円で10本楽しめたことを経験したあとではその考えを覆すのはちょっと難しい。

 

100円だったら週に2~3本は借りるのにな。1000円4本だと僕はTSUTAYAを利用しない。それなら図書館で本を借りる。1000円4本にしてるせいで、TSUTAYAは月1200円程度の収益を逃しているわけだ。僕みたいな奴は結構多いと思う。そんな僕みたいなやつを引きずり出す為に100円レンタルとかやるんだろうけど。

ま、でも100円っていうと物の価値としては低すぎるから、このままでもいいのかなと思う。100円で借りたものが作用する力と3000円払って買ったものの力のどちらが強いかっていうのはあるだろうから。

我ながらなに言ってんのかわかりづらいと思うけど……借りたCDよりも買ったCDのほうが元をとろうとして長く聴くし、丁寧に聴くってことはないだろうか? 僕はある。絶対に高いお金払ったほうが、レンタルでは得難いものを得ている気がする。作品の価値は変わらないが、心持ちが違う。

いつだって僕の心に残り続けているのは、なけなしのお金からなんとか購入したCDばかりだ。

 

まあだからといって、これからも1000円4本で映画を借りることはないんだけど。

ほら僕って基本的にちょっと可哀想なくらいお金ないじゃん?

しょうがないよね。

 

ということで、今回借りたのは5枚。

まほろ駅前多田便利軒

童貞放浪記

おと・な・り

めがね

僕達急行 A列車で行こう

1週間で観きれる気がまるでしない。借り過ぎだ。金がないのにこういうことには放蕩なところは本当に呆れ返る。

それにしても「めがね」ときたか。僕の趣味は本当に一貫としていて、多少気持ち悪いくらいだな

まあ5枚中2枚は観たことあるやつだし、別にいいか。最悪観たことあるやつは観なくても問題なしと判断しよう。

そう思いながら僕が一枚目に選んだのは、覚えているだけでも5、6回は観ている「まほろ駅前多田便利軒」だから本当にこいつ腹にいいものくれてやろうか、と自分で自分に思った。

 

まほろ駅前多田便利軒は邦画の中でも邦画の中でもかなり好きな作品で、ドラマ版と映画版は繰り返し見ている。

僕はこういう「なにももっていなかった人間や、なにかを喪失した人間が、なにか(それが良いにせよ悪いにせよ)を獲得する話」が非常に好みだ。

松田龍平と瑛太が組み合わさって悪いものが生まれる気がまるでしないしね。個人的にはドラマ版は映画とは空気感が違うのだけれど、あれはあれでよし。僕はもはやあの二人が画面内で動いているだけで満足できる境地にまで達した。

まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス [DVD]

まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス [DVD]

 

 細かい感想はもう書く気力がない。今日は疲れた。いい男といい男が組み合わされば悪い映画になるわけないだろ、っていうものを体現した映画。一応、注釈しとくけど僕は男だけどそういう気はない。

愛の映画なんじゃないかなと思ったりもする。まほろ駅前多田便利軒は総じて様々な愛情について描かれていると思う。けど、どこか退廃的なのが魅力じゃないかな。

ま、とにかくいいもんですよ。観ればいいと思う。ぼーっと見るにはいささかストーリーがしんどうかもしれないけれど。ドラマ版ならなにかの作業中に時々眺めるくらいでもいいかもしれない。映画版観たあとだとドラマ版に繋がる点が多くて面白い。

 

あとこれ映画版のサントラがくるりの岸田なんだけど、すげえいいから聴いたほうがいいよ。僕は映画はもってないけど、サウンドトラックは買ったくらい、いい。

岸田が手がける映画はだいたい好きだな。だいたいっていっても二本くらいしか観たことないけど。

まほろ駅前多田便利軒オリジナルサウンドトラック

まほろ駅前多田便利軒オリジナルサウンドトラック

 

 

他にも大好きな映画は多い。

スクラップ・ヘブンとかピンポンとかリンダリンダリンダとか、アフタースクールとかSchool dazeとか苦役列車とかジョゼと虎と魚たちとか……挙げればキリがないけれど。

邦画が好きだな。

外人の顔、覚えられないし。

 

広告を非表示にする