読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者には誤読の権利がある

だから勘違いした感想書いてても許してほしい

日村を彩るということをわかってない「イロドリヒムラ・感想」

映画

 

イロドリヒムラ観ました。

イロドリヒムラ [DVD]

イロドリヒムラ [DVD]

 

 やはりバナナマンフリークとして見逃せないな……と思い、一気に観ました。

でもまあ……端的に言うと、観なくてもいいかな。

 

 

感想

はっきり言って微妙でした。

10人の監督を起用してそれぞれが日村を用いて短編をつくる、という作品なのだけれど、ほとんどが日村を用いる必要性のある映像になってない

別のブサイク芸人とか、もはやブサイクでなくともよい作品まであって、もうなにがしたいのかな? と思っていた。

 

日村勇紀に対する当時の世間イメージって、やはり「ブサイク」が先行して、そこを一個超えちゃって、もはや「モンスター」の域にまで達した……って感じだと僕は思っています。

見た目がモンスターっぽい、そして掘り下げていくとどうも精神的にもモンスターっぽいぞ! こいつおもしれえ! というのが日村さんのパブリック・イメージだと思います。

そういう「日村らしさ」っていうのを活かそうとする作品がほぼ無い!

 

日村勇紀を使うなら「ブサイクと美人の恋」とかそういう洒落臭い括りで脚本を書いてちゃダメだと思うんですよ。

「モンスターが人間に恋してしまった」という異形の恋みたいなもののほうが、日村勇紀を用いるならば親和性がグッと高いと思いますよ。

日村を使うというだけでハズしになっていることに甘えて、そこにベタを放り込んでもやっぱりいいものにはならないんですよ。

世間的には日村がブサイクっていうのが麻痺し始めた時期だからこそ! 日村の個性を再提示するような作品でなければいけないはずだったと僕は思いました。

日村の先天的な外的・内的のモンスター性を引き出すような怪作を作るチャンスなのに、なに無難な作りにしてんだおらあ!! 俺にやらせろ!!!

 

そういう意味で異形の恋を扱った第4話の「海辺の恋」(犬のやつ)とかよかったですよ。犬的な所業が日村さんだとコミカルに写って、絵的にキツくならないけれど絶妙に似合う!という上手い落とし所だったと思いました。

 

第9話の沖田修一監督作品も発想は面白いと思いました。

日村の顔面って化物じみているよね、という発想を用いて人ならざるものとして扱うのは、まさに日村さんにしかできないことですよ。実際の物語が面白いかどうかはまた別として。

日村を肩書にしちゃうという発想も面白かったです。でも、それをするならば「日村であることの受難」をメタ的に書いたほうが絶対面白かったと思うんだけど。

 

 

で、この「イロドリヒムラ」の番組コンセプトである「毎回変わる女優」を用いて日村を彩る……というものに一番適した作品が最後の設楽監督&オークラ脚本なんですよね。

全体を通して普通に物語としての面白み、日村を使うことの意義、テレビドラマ的な笑い、そういうものがちゃんと成立できていた。

まあ日村を彩るのが本業みたいな二人に敵うわけがなかったという、至極当たり前の結果ではあるのですが、それにしても他の監督だらしねえなあ!と思わなくはない。

 

ちゃんと日村が見た目的にブサイクであることを前提として、それでもなお好きになる人はいる……という価値観を女性視点から語る。

毎回変わる女優の中に、日村を好きな人もいる……という最終話ならではの多様性の表現にもつながっていてとてもいい導入でした。

日村の日村たりえる部分を余すことなく表現し、最終的にそれを破壊する。そしてそれを「アリ」にできるのが日村のポテンシャルである! と言わんばかりのラストでした。

 

ってことで、個人的は4,6,8,9,10話あたりは観てもいいかな……と思いました。

以上!

 

bananaman live 腹黒の生意気 [DVD]

bananaman live 腹黒の生意気 [DVD]

 

 今年は出るのちょっと遅いですね。超楽しみです。

 

 

 

 

僕らしかわからない世界がある「僕達急行 A列車で行こう・感想」

映画

 

 僕達急行 A列車で行こうを観ました

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

 

 

感想

僕は結構好きな映画なんですけど、これ不評だっていう人の気持ちも分かる……みたいな映画ですね。

合わない人には合わないんだろうというのが明確な映画。全体的にだらっとしているし、ご都合主義だし、ギャグもくだらないと言い捨てられる領域だと思う。

 

けれど、なんか僕は好きな映画でした。

 

ほんと、テンポ感に関してはだらーっとしているし、すっとぼけた会話がずっと続くし、観終えたあとに大きなカタルシスが得られるタイプの映画じゃないんですよ。ぶっちゃけ僕自身もどうかと思うぜ!みたいなところも散見された。

 

ただこの映画って「好きと好きが関わってそれが利益になる(こともある)」という映画なんですよ。

もうその1点でね。素晴らしい!と言いたくなる。

作中では電車オタクである松山ケンイチ瑛太の会話がすごく気持ちいいんですよ。

互いに好きなものは同じなんだけれど、好きになりかたが違う……けれど「ああ、そういう考え方も面白いよね」っていうリスペクトが互いにある。

そういう関係性がみられる映画なんです。これが観ていて超気持ちいい!!

 

互いの楽しみ方を無理強いはしないけれど、一定の理解はあって、同じ場所にいるからその楽しみかたもやってみてもいいかな……という心の余裕をもっている大人が会話しているだけで、映画っていうものは面白く豊かに感じらるものなのだな……と思いました。

 

 

この映画は人によってはものすごく「救い」のある映画なのではないか、と僕は思います。

自分の「好き」があることはとても素晴らしいことだし、それを共有することで少しだけ世界が豊かになることもある。

そういうものが描かれているだけで、自分の「好き」なものを更に「好き」でいられるのではないかと思いました。

それが理解されなくても人生すべてが終わるわけではない。自分の「好き」を否定することはない。

 

だから作中で語られる「僕らしかわからない世界がある」という言葉が非常に説得力をもって響くんですよね。

「僕らしかわからない世界がある」からこそ「それがわかってもらえたときより一層嬉しい」ということに繋がると思います。

 

僕はそういう映画がとても好きだし、そういう考え方をもっている人がとても好き。

だから、この映画はとても好きになりました。

 

 

こちらもオススメ

間宮兄弟

間宮兄弟

 

 同じ監督作品ということで間宮兄弟をオススメします。

こちらも人によっては「ふーん」という感想しか生まれない作品であるようには思いますが、僕はとても好きな作品です。

ふたりの関係性が最高なんです。